デジタルプロダクションプリンティングシステムの搭載技術

デジタルプロダクションプリンティングシステム「imagePRESS」は、キヤノン初のプロフェッショナル向けカラーオンデマンド機です。オフセット印刷に迫る高画質・高精細を実現し、少部数印刷にも対応できる生産性と優れた耐久性・信頼性を備えています。

電子写真技術のプリントプロセス

レーザープリンター、オフィス向け複合機、デジタルプロダクションプリンティングシステムなどは、同じ原理でプリントを行っています。

1 帯電

感光ドラム表面にマイナスの静電気を帯びさせます。

2 露光

光で感光ドラムに画像を描きます。レーザー光の照射部分は静電気がなくなります。

3 現像

トナーを感光ドラムに近づけると、静電気のない部分にだけトナーが付着します。

4 転写

感光ドラムを用紙に密着させ*、用紙裏側からプラス電荷を与えて、トナーを用紙に移します。

5 定着

トナーが転写された用紙に熱と圧力を加えて、トナーを用紙に定着させます。

  • *
    カラー製品のほとんどは、感光ドラムから中間転写ベルトにトナーを移し、それを用紙に移す方式になっています。

デュアル定着

2つの搬送経路でメディアごとに最適な印刷をする

デュアル定着システム

デジタルプロダクションプリンティングシステムでは、厚紙やコート紙は2つの定着器で定着を行うデュアルパスで処理されます。最初に通紙する第1定着器は定着ローラーと加圧ベルトによる定着方式、第2定着器は定着・加圧ともにローラーによる定着方式を採用。高い光沢感を生み出します。薄紙や再生紙などは、第1定着器のみを通ります。

このように、用紙種類※1によって自動的に搬送経路を変えることで、どの紙厚でも70枚/分(A4ヨコ)の印刷速度を維持する「メディア等速」を、光沢均一性を確保しながら実現しています。

  • ※1
    用紙種類
    商業印刷には、表面にコーティング加工をしたコート紙やアート紙のほか、一般印刷に使われる上質紙や中質紙、再生紙など、さまざまな紙が使われている。それぞれに厚紙から薄紙まであり、加工方法も多種類あって、用紙の種類は多様である。

オートレジストレーション

両面印刷時の画像位置精度を高める

アクティブレジの概念

印刷物では裁断、製本などの後加工工程があるため用紙上での画像位置に高い精度が必要です。キヤノンは、オートレジストレーション機構として3つの機能を開発しました。

「アクティブレジ」は、給紙された用紙を斜送コロを用いてサイド基準板に突きあてることで、用紙向きと印字画像向きを正確に合わせることができます。

「レジパッチ」は、転写時に中間転写ベルト上の画像先端部に印字されるパッチを検知、制御します。用紙の搬送タイミングを制御するので、用紙の先端/後端方向の印字位置を正確に合わせることができます。

2面目縮小描画の概念

両面印刷では、紙の表裏の画像位置精度が要求されます。裏面(2面目)印刷時には、表面(1面目)画像定着時の熱により用紙の実寸が若干縮小しますが、この用紙縮小による印刷位置のズレを防ぐために開発されたのが「2面目縮小描画」です。裏面画像形成時にあらかじめ主走査/副走査方向とも縮小して描画し、表裏面に印字される画像の大きさが同一になるように制御します。

Air Feeding

重送を低減し、高速かつ安定した搬送を実現

imagePRESSはさまざまな種類(銘柄)、厚さの用紙に出力することができます。複数の用紙が重なって送られないように安定した搬送を実現するのが、「Air Feeding(エア給紙)」です。

この「Air Feeding」では、数種類のエアによって用紙を分離し、正確に搬送します。用紙の捌きと分離には4連ファンによる用紙搬送方向からの捌きエアと分離エア、カール紙や吸着したコート紙を確実に分離させるためにはサイドファンによるサイドエア、そして高湿環境でコート紙の吸着を避けるためにはエアヒーターによって温められた4連ファンからのエアなどが使われています。また、搬送ベルトにはエア吸引ベルトを使い、高速かつ安定した搬送を実現しています。

PODデッキのエア給紙概略図

Vトナー

オフセット印刷に迫る高い色再現性を達成

デジタルプロダクションプリンティングシステム用にキヤノンが独自開発したトナーが、「V(Vivid color)トナー」です。Vトナーはワックス成分や顔料が微分散技術により微細で均一に分散され、かつ、トナーの熱溶融特性が向上しました。これにより、印刷で使われるさまざまな用紙に対するグロスの最適化を行うことができ、均一な光沢感を実現します。

イエロー、マゼンタ、シアン、ブラックに続き、新規に開発された「Vトナークリア」は、用紙表面の光沢度合いをコントロールする透明色のトナーです。imagePRESS C1+では、このVトナークリアを採用することで、立体感のある質感やマット表現などの印刷が可能です。また、透明であることを活かして、不正な複写をした時に判別できる透かし模様を印刷することも可能で、印刷物の情報セキュリティ性の向上に役立っています。

Vトナー(拡大イメージ)
Vトナーが入った5色のトナーカートリッジ