色と光 テレビのRGBを見てみよう

画面をルーペで観察すると?

テレビやコンピュータの画面は、RGB(赤・緑・青)という光の三原色で色を作っています。これを簡単な実験で確認できます。

テレビのブラウン管にルーペ(虫眼鏡)をあててみると、さまざまな色がRGBの点の連なりで作られていることがわかります。
(※少しまぶしいので注意しましょう。)
色のある部分だけでなく、白いところもRGBでできています。
ブラウン管だけでなく、液晶テレビやプラズマテレビの画面、コンピュータのディスプレイも見てみましょう。
機械のしくみが違っても、色はどれもRGBの点でできていることがわかります。

テストパターンと呼ばれる画面を映し出して観察すると、それぞれの色がRGBのどのような割合でできているのかよくわかります(テストパターンとは、深夜などの放送休止時間に流れる、テスト用の画像です)。

テレビやコンピュータの画面をルーペで観察しよう

テレビやコンピュータの画面をルーペで観察しよう

テレビのテストパターンの色でRGBの割合を見てみよう

テレビのテストパターンの色でRGBの割合を見てみよう

光のなぞ 色と光

このページの上部へ