色で遊んでみよう RGBを合成して遊ぼう

RGBを合成して遊ぼう

光の三原色の合成をためす実験です。製作したRGB懐中(かいちゅう)電灯は、さまざまな実験に応用することができます。

用意するもの

  • 懐中(かいちゅう)電灯3本
  • 黒紙
  • 赤、緑、青の3色のセロハン
  • セロハンテープ
  • ハサミ
  • 白いスクリーン(または白い壁(かべ))
  • (場合によっては)黒のスプレー

すすめ方

  1. 懐中(かいちゅう)電灯の先の反射鏡が光の濃淡(のうたん)を作ってじゃまになるので、3本の懐中(かいちゅう)電灯の先をねじって外し、反射鏡を取り外す。
  2. 反射鏡がなくても点灯する懐中(かいちゅう)電灯はそのまま。
  3. 反射鏡がないと点灯しない懐中(かいちゅう)電灯は、反射鏡の内側をスプレーなどで黒くぬる(豆球の周囲や金属部品と接触(せっしょく)する部分は電気の通り道なのでぬらないように注意しましょう)。
  4. 懐中(かいちゅう)電灯を元通りに組み立て直し、点灯するかを確認しておく(点灯しない場合、豆球や金属部品の接触(せっしょく)の不良が考えられるので、確認してみましょう)。
  5. 懐中(かいちゅう)電灯の径に合わせて黒紙で筒(つつ)を作り、懐中(かいちゅう)電灯の先にかぶせます。
  6. 筒(つつ)の先に、赤、緑、青の3色のセロハンをかぶせ、テープでとめる。このとき、赤はやや透過率(とうかりつ)が高い傾向(けいこう)があるので、2枚かぶせます。
  7. 部屋を暗くしてから懐中(かいちゅう)電灯のスイッチを入れ、スクリーンに向けてみましょう。それぞれRGBの円ができます。
  8. 円を互いに重ね合わせることで、いろいろな色が見られます。また3本を1か所に投えいして、白っぽい光になることも確認してみましょう。 光の広がり具合の調節は、懐中(かいちゅう)電灯の筒(つつ)の調整と、スクリーンへの距離(きょり)で行うことができます。 いろいろな色ができることをためしてみましょう。

もっと実験!!

RGB懐中(かいちゅう)電灯を複数セット用意すると、色の組み合わせや比率をさまざまに変化させることができ、さまざまな色が観察できます。

注意!!

カッターやハサミの取りあつかいには、じゅうぶん注意して下さい。

懐中(かいちゅう)電灯の反射鏡は観察のじゃまになるので外します。

懐中(かいちゅう)電灯の反射鏡は観察のじゃまになるので外します。

懐中(かいちゅう)電灯の径に合わせて黒紙で筒(つつ)を作ります。

懐中(かいちゅう)電灯の径に合わせて黒紙で筒(つつ)を作ります。

筒(つつ)の先に色セロハンをかぶせてセロハンテープで固定します。赤セロハンは2枚かぶせます。

筒(つつ)の先に色セロハンをかぶせてセロハンテープで固定します。赤セロハンは2枚かぶせます。

筒(つつ)の位置を動かして光の広がり具合を調整します。

筒(つつ)の位置を動かして光の広がり具合を調整します。

RGBそれぞれの懐中(かいちゅう)電灯で光を集めて、観察しましょう。

RGBそれぞれの懐中(かいちゅう)電灯で光を集めて、観察しましょう。

光のじっけん室 色で遊んでみよう

このページの上部へ