望遠鏡を作ってみよう リアル望遠鏡を作ろう!

リアル望遠鏡を作ろう!

身近にある材料を使って、ケプラー式のくっ折望遠鏡をつくってみましょう。

用意するもの

  • 虫眼鏡 (倍率の低いもの。 あるいは度の強い老眼鏡のレンズ)
  • 定規
  • 適当なサイズのつつ
    太いものと細いものの2種類
    (厚手の紙・工作用紙・ボール紙などでつくっても良い)
  • 厚手の紙(工作用紙、ボール紙など)
  • 黒いと料
  • 虫眼鏡(10倍ぐらいがつくりやすい)
  • セロハンテープ
  • はさみ

すすめ方

  1. まず、外に出て太陽などの光を、レンズであつめて焦点距離(しょうてんきょり)を測ります(このとき、レンズを通して太陽を見てはいけません!)。
  2. 焦点距離(しょうてんきょり)をもとに、適当な太さの紙の筒(つつ)(太い方。外筒(そとづつ)になります)を切ります。なお、図のような筒(つつ)をつくって使っても良いでしょう。
  3. 残りの、細い方の筒(つつ)を使って、内筒(うちづつ)(ぬき差し筒(つつ))をつくります。さらに、内筒(うちづつ)の外側にボール紙などを巻いて、太い筒(つつ)にはまるように太くします。ただし、このボール紙は太い筒(つつ)に内側に装着し、内筒(うちづつ)には接着しません。(スムーズにぬき差しできるようにします)
  4. 内筒(うちづつ)、外筒(そとづつ)の内側を黒くぬります。これは、むだな反射を防ぐためです。
  5. 内筒(うちづつ)の目元に、ルーペを取り付けます。このとき、直径が合わなければ3のように、内側にボール紙を巻いたものを取り付けます。
  6. 見たい方向に向け、内筒(うちづつ)をぬき差ししてピントを調節します。

注意!!

この望遠鏡で太陽を見てはいけません。

なぜ?

小さい虫眼鏡や双眼鏡(そうがんきょう)、老眼鏡などは、いずれもとつレンズを使っています。そして大きい虫眼鏡や老眼鏡のレンズは、焦点距離(しょうてんきょり)の長いレンズです。いっぽう、小さい虫眼鏡には焦点距離(しょうてんきょり)の短いレンズが使われています。つまり、先たんのレンズ(対物レンズ)の焦点距離(しょうてんきょり)にできた像を、目元の虫眼鏡で拡大して観察するのが、望遠鏡という光学機器なのです。

焦点距離(しょうてんきょり)を測ります。

焦点距離(しょうてんきょり)を測ります。

適当な太さの紙の筒(つつ)を作ります。

適当な太さの紙の筒(つつ)を作ります。

筒に虫めがね、ルーペを取り付けます。

筒に虫めがね、ルーペを取り付けます。

筒に虫めがね、ルーペを取り付けます。

内筒を抜き差ししてピントを調節します。

内筒を抜き差ししてピントを調節します。

図

光のじっけん室 望遠鏡を作ってみよう

このページの上部へ