光の分解じっけん かんたん分光器を作ろう(CD編)

かんたん分光器を作ろう(CD編)

今度はCDを使って光を分解して観察する装置を作ります。
電灯や蛍光(けいこう)灯、ナトリウムランプなどの光を観察することで、光るしくみのちがいを調べることができます。

用意するもの

  • CD
  • ボール紙、または段ボール、あるいはくつばこ
  • セロハンテープ
  • カッター

すすめ方

  1. CDがななめに入る四角いはこを作ります(大きさは問いません)。
  2. 上側の面のまん中くらいに幅(はば)0.5mm、長さ5mmほどの穴(スリット)を入れる。
  3. スリットを開けた面と直角の面に1cm×1cmぐらいの観察する窓を作る。
  4. 箱の中にななめにCDを置けるよう、紙などで台を作り、セロハンテープなどで固定する。
  5. スリット側を観察する青空、蛍光(けいこう)灯、白熱電球、水銀灯などに向け、スリットを通り、CDを反射して発生する虹(スペクトル)の様子を観察してみましょう。

もっと実験!!

白色光(懐中(かいちゅう)電灯など)の光源にセロハンで色をつけて観察すると、光に色がつく原理が体感できます。

注意!!

この分光器で太陽の光を直接観察してはいけません。太陽の光はとても強いので、目を痛める可能性があります。太陽光のスペクトルを見る場合には、太陽とははなれた青空を見ると良いでしょう。
カッターやハサミの取りあつかいには、じゅうぶん注意して下さい。

くつばこぐらいの箱を作ります。上側にスリットを、横に観察窓をあけます。中にCDを固定する台を作ります。

くつばこぐらいの箱を作ります。上側にスリットを、横に観察窓をあけます。中にCDを固定する台を作ります。

窓から観察すると……。

窓から観察すると……。

RGBの3色に分かれます。このRGBはずいぶんBの部分が大きいですね。それは蛍光(けいこう)灯を観察しているからです。

RGBの3色に分かれます。このRGBはずいぶんBの部分が大きいですね。それは蛍光(けいこう)灯を観察しているからです。

CDを懐中(かいちゅう)電灯で照らし、真上から見てみるのも面白いですよ。美しいRGBの分光が観察できます。

CDを懐中(かいちゅう)電灯で照らし、真上から見てみるのも面白いですよ。美しいRGBの分光が観察できます。

光のじっけん室 光の分解じっけん

このページの上部へ