レンズとミラーを作ってみよう ハーフミラーの謎

ハーフミラーの謎

ハーフミラーとは、当たった光の一部分だけを通す鏡です。とう明アクリル板やガラス板を使って、ハーフミラーの実験を行います。

用意するもの

  • ガラス板またはとう明アクリル板
    (はがき大ぐらいがあつかいやすい)
  • 段ボール箱
  • 人形
  • 電気スタンド
  • ビニールテープ
  • カッターなど
注:
ガラス板は、写真立てなどのものを使うといいでしょう。また、段ボール箱はあらかじめ、内側を黒くぬっておくと効果的です。

すすめ方

  1. 段ボール箱の横にガラス板(またはとう明アクリル板)よりもわずかに小さな窓をあけ、ガラス板をテープで窓ガラスのようにはりつけます。
  2. 箱の中に人形を入れ、段ボールのふたを閉じます。
  3. 自分に向けて電気スタンドをともしてから、箱の窓や中の人形を見てみましょう。
  4. 今度は、段ボール箱をあけて中にスタンドを入れるか、光が人形に当たるようにセットし、部屋を暗くして箱の窓や中の人形を観察してみましょう。

注意!!

ガラス板を落として割ったり、へりで手を切らないように注意しましょう。
なお、ガラス板で実験するときは、必ず大人の方と一緒に行ってください。

もっと実験!!

外が暗いとき、部屋の明かりを消して、友達と2人で窓ガラスの両側に向かい合って立ちます。それぞれ自分の顔に懐中(かいちゅう)電灯やスタンドで光を当てます。光の当て具合をうまく調節すると、自分の顔と友達の顔が合成写真のように重なって見えます。

なぜ?

ふつうのガラス板は、表面で数%の光を反射します。普段は周りが明るいので気になりませんが、周りが暗いときにはこの反射が目立つのです。自分の顔に光が当たっているとき、暗い箱の中が見えずに自分の顔が映るのはこのためです。なお、ガラスの向こう側が十分に明るいときは、その光がガラスを通して目に入るため、ガラスの表面で反射した光は気にならなくなります。箱の中をスタンドで照らすと、人形が見えて自分の顔が見えなくなるのはこのためです。

段ボール箱の横にガラス板よりもわずかに小さい窓を作ります。

段ボール箱の横にガラス板よりもわずかに小さい窓を作ります。

ガラス板をテープで窓ガラスのようにはりつけます。

ガラス板をテープで窓ガラスのようにはりつけます。

部屋を暗くし、箱の中を明るくするとどう見えるでしょう?

部屋を暗くし、箱の中を明るくするとどう見えるでしょう?

部屋を明るくし、箱の中を暗くするとどう見えるでしょう?

部屋を明るくし、箱の中を暗くするとどう見えるでしょう?

友達と2人で窓ガラスの両側に向かい合って試してみましょう。

友達と2人で窓ガラスの両側に向かい合って試してみましょう。

光のじっけん室 レンズとミラーを作ってみよう

このページの上部へ