レンズとミラーを作ってみよう スプーンで反射鏡を考える

スプーンで反射鏡を考える

スプーンやナイフなど、身近な道具を使って反射のしくみについて考えます。

用意するもの

  • スプーン
  • 食事ナイフ
  • お玉など
注:
いずれもメッキなどの反射するものを使い、実験前にふきんなどで良くみがいておきましょう。

すすめ方

  1. ナイフをまっすぐ立てて手に持ち、横腹が垂直になるように目の前にかざします。
    自分の目が映って見えると思います。このとき、ナイフを目に近づけたり遠ざけたりすると、映っているあなたの目はどのように変化するでしょうか。映って見えるはんいにも注意して観察しましょう。
  2. 次に、スプーンで同じ実験をします。まず、裏側(出っ張っている方)を自分に向けて試してみましょう。
  3. さらに、スプーンの表側(へこんでいる方)を自分に向けて試してみます。
  4. 同じようにお玉でも試し、どのようなちがいがあったか、まとめてみましょう。

注意!!

ナイフでケガをしないように注意しましょう。

もっと実験!!

スプーンやお玉などの表(へこんでいる方)では、目に近いところから遠ざけていくと、とつぜん、見え方が変わるのがわかると思います。いろいろな種類のスプーンやお玉で、その時の距離(きょり)がどのようにちがうかを調べてみましょう。

なぜ?

ナイフは平面鏡、スプーンやお玉の裏はとつ面鏡、表はおう面鏡としてはたらきます。そして、とつ面鏡はおうレンズと、また、おう面鏡はとつレンズと同じような性質があるため、とつ面鏡では光が広がって広い範囲(はんい)が見え、とつレンズではものが大きく見えたり、像ができるので上下が逆さまに見えたりするのです。

ナイフに映って見える目はどのように変化する…?

ナイフに映って見える目は
どのように変化する…?

スプーンでは…?

スプーンでは…?

お玉では…?

お玉では…?

光のじっけん室 レンズとミラーを作ってみよう

このページの上部へ