• ホーム
  • ジュニアフォト便り
  • 活動スケジュール
  • ジュニアフォトグラファーズについて
  • フォトブック

ジュニアフォトグラファーズについて

子どもたちの瞳が輝き、小さな発見に感動する。そんな瞬間を一緒に体験しませんか。

身近な自然と向かい合い、環境について考える写真教室

「キヤノン ジュニアフォトグラファーズ」は、自然をテーマとした写真撮影の体験を通じて、子どもたちの環境に対する意識を高めるとともに、豊かな感性を育む写真プロジェクトです。キヤノンの社会貢献活動として2004年にスタートして以来、参加人数は約1万7千人を超え、北海道から沖縄まで、全国で開催しています。

写真教室の基本的な流れ

1.デジタルカメラ教室

写真家やキヤノンの社員が講師となり、写真撮影のヒントやカメラの使い方などをわかりやすくレクチャーします。デジタルカメラを初めて使う子どもたちでも簡単に操作できるようになります。

※デジタルカメラなどの必要機材はキヤノンが用意します。

2.撮影会

ひとり1台ずつデジタルカメラを持ち、自然と触れ合いながら自由に写真撮影をします。各地域の特色を活かしたフィールドを舞台に、思い思いに写真を撮ります。

3.プリント&作品発表会

撮影した写真をプリントし、タイトルをつけて作品を完成させます。一緒に撮影した仲間たちの作品を鑑賞したり、撮影時の発見や感動したことなどを発表します。

※当日、各自のお気に入り写真を1枚プリントし、差し上げます。

※撮影データは後日、参加校や参加団体の代表者に記録メディアに収録してお渡しします。

参加した子どもたちの声

  • いつも見ている風景をあんなにアップでとると、おもしろい形だったりして、とっても楽しかったです!
  • これからも、自然を大切にしていきたいです。
  • 自然にも命があるんだーと思った。よーく見たら、みんなきれいで美しい花だった。
  • 自然も「生きている」ということがとても分かりました。私たち「人間」といっしょで、植物や虫も「命」を持っていることがよく分かりました。

「ジュニアフォトグラファーズ」写真展

参加校や参加団体において写真展を開催される場合には、子どもたちの作品をA4サイズ程度にプリントして差し上げています。学校の展覧会や公共施設での写真展など、子どもたちが見つめた“身近な自然”を展示することで、その発見や感動を地域の方々と共有することができます。

応募要項

【 実施概要 】
開催期間 2017年5月〜11月
内 容 1. デジタルカメラ教室:写真撮影のポイント、機材操作方法などをレクチャー
2. 撮影会:デジタルカメラを1人1台使用し自由に撮影
3. 作品発表会:プリント出力、撮影作品の発表、写真家などによる講評
所要時間 約2〜3時間
講 師 写真家:伊藤トオル氏、永武ひかる氏、水本俊也氏 ほか
主 催 キヤノン株式会社およびキヤノングループ会社
【 応募要項 】
 
受付期間 2017年3月6日(月)~4月20日(木)
対 象 全国の小学校または団体(原則 小学3~6年生対象)
参加単位 クラス・学年・学校・グループ
実施形態 授業、土曜教室、ワークショップなど
参加費用 無料 ※カメラなどの必要機材はキヤノンでご用意致します
募集数 8~10団体(約30~60名定員)
申し込み方法 応募用紙に必要事項をご記入の上、FAX、郵送、もしくは電子メールでご送付ください。※応募用紙は事務局から取り寄せることも可能です。

以下のボタンより、応募用紙をダウンロードしてください。

応募用紙ダウンロード

結果通知 お申込みが多数あった場合、ご希望に添えないことがございます。事務局にて開催の可否を判断し、その結果をお申し込みされた学校・団体の代表者様へ5月上旬までに通知させていただきます。また、開催決定内容はジュニアフォトグラファーズホームページに掲載致します。
お問い合わせ先 キヤノン株式会社 CSR推進部
ジュニアフォトグラファーズ事務局
〒146-8501 東京都大田区下丸子3-30-2
TEL:03-3757-4329 FAX:03-5482-5131
メール:jr-photo@web.canon.co.jp
(TEL受付時間:平日9:00-17:00)
※ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
Get ADOBE® READER™ 応募用紙はPDF形式のファイルになっております。
ご利用になるには最新のAdobe® Reader™をこちらからダウンロードしてください。
このページのトップへ