ニュースリリース
2015年9月8日
キヤノン株式会社

光沢感や立体感など実物の「質感情報」を数値化しプリントで再現する質感画像処理技術を開発


キヤノンは、照明の方向や見る角度で変化する物体の光沢感、立体感、透明感などの「質感情報」をデジタルカメラで取得し、プリントで忠実に再現する質感画像処理技術を開発しました。

質感画像処理技術を用いたプリント出力物の例

質感とは、光沢感、立体感、凹凸感、透明感など、その材質について人が感じ取る視覚的、触覚的な要素です。写真や印刷物で質感を再現するには、色の情報に加え、物体表面の凹凸や光の反射特性などの質感情報を取得することが必要になります。

今回開発した質感画像処理技術は、キヤノンのデジタルカメラを複数台用いて対象物を撮影し、微細な凹凸や光沢などの質感情報を数値化します。そして、数値化した質感情報をプリンター(UV硬化型プリンターなど)の特性に応じて最適に制御し、オリジナルの質感を忠実に再現します。

画像の入出力機器を持つキヤノンならではの技術により、高精細な色彩表現だけでなく、金属や生地といった多様な質感のプリント表現を可能とします。また、オリジナルの質感を忠実に再現できることから、油彩画などの貴重な歴史的文化財を複製することで、優れた作品に直接触れることができる新しい鑑賞方法や、オリジナル作品を良好な環境で保存するといった活用も見込まれます。

キヤノンでは、これまで培ってきた高精細な写真プリント技術に加え、壁紙などのインテリア素材や広告看板、商品パッケージなど適用先の拡大を目指し、今後さらにこの技術の開発を強化していきます。

戻る
このページのトップへ