ニュースリリース
2015年4月2日
キヤノン株式会社

4Kに対応した高倍率・長焦点の放送用フィールドズームレンズを開発


キヤノンは、2/3型センサーを搭載した放送用4Kカメラに対応する光学性能を持つ、高倍率・長焦点の放送用フィールドズームレンズ(以下、「4Kフィールドズームレンズ」)を開発中です。米国ラスベガスで2015年4月13日~16日に開催される放送・映像制作機器の展示会「2015 NAB Show」において、試作機を参考展示します。

開発中の4Kフィールドズームレンズ

映画業界から始まった4Kでのコンテンツ制作が放送業界においても広がり、4K放送実用化に向けた取り組みが各国で始まるとともに、4K対応機材の導入が本格化しつつあります。

キヤノンは、市場から高い支持を得ている放送用スタジオ/フィールドレンズ「DIGISUPER」シリーズの新機種として、4Kフィールドズームレンズを開発中です。放送用4Kカメラに対応する高い光学性能を実現しながら、これまでのHD対応機種同等の運用性・操作性を確保する仕様・サイズを実現しており、スポーツやコンサート中継などの幅広い用途での使用を想定しています。

製品の詳細な仕様や価格などは未定ですが、キヤノンの最新の光学技術を結集させた、4Kを含む次世代放送用カメラへの対応機種を今後「UHD-DIGISUPER」シリーズと位置付け、その初号機として本機種を2015年末に製品化することを目指しています。これにより、キヤノンは放送用レンズのラインアップをさらに強化し、さまざまなユーザーの高いニーズに応えていきます。

戻る
このページのトップへ