ニュースリリース
2013年3月14日
キヤノン株式会社

キヤノンが復興支援の一環として「写真新世紀 仙台展 2013」を開催


キヤノンは、新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした写真公募コンテスト「写真新世紀」の2012年度(第35回公募)の受賞作品展「写真新世紀 仙台展 2013」を、2013年5月24日から6月12日まで、仙台市のせんだいメディアテークで開催します。

グランプリ受賞作品 特別展
2012年度(第35回公募)グランプリ受賞作品
原田要介 『世界するもの』
特別展
青山裕企 『トウホクの、ソラリーマン』

キヤノンは昨年に続き、写真展を通して地域の方々に笑顔を取り戻してもらうことを願い、「写真新世紀 仙台展 2013」を開催します。また、震災後の東北を見つめてきた「写真新世紀」の歴代受賞者へ作品発表の場を提供することで、東日本大震災で大きな被害を受けた東北地域における写真文化の発展に貢献したいと考えています。

■ 2012年度のグランプリ・優秀賞受賞作品、2011年度のグランプリ受賞者の新作を展示

「写真新世紀」の2012年度グランプリ受賞者1名、優秀賞受賞者4名、佳作受賞者20名の作品を展示します。また、2011年度のグランプリ受賞者である赤鹿麻耶氏の新作個展を同時開催します

■ 震災後の東北を見つめてきた「写真新世紀」歴代受賞者3名による作品展示

「写真新世紀」の歴代受賞者で震災後の東北を写真に収めている青山裕企氏、滝口浩史氏、西郡友典氏が、「復興のために写真でエールを送ること」をテーマに特別展を開催します。

■ 青山裕企氏によるワークショップの開催

6月1日(土)に、青山裕企氏によるワークショップ「跳ばずにいられないっ!ホップ!ステップ!ジャンプ!」を開催し、撮影からプリントアウトまでの写真撮影の楽しみ方や魅力を伝えます。

■ 出展者と来場者の交流を図るトークショー「アーティスト・トーク」を実施

6月8日(土)に、2012年度および2011年度グランプリ受賞者と「特別展」出展者である「写真新世紀」歴代受賞者3名によるトークショー「アーティスト・トーク」を開催します。スライドショーをまじえ、作品の制作意図などを自ら語るとともに、参加者との交流会を開催します。

グランプリ受賞者には翌年の受賞作品展における個展開催の権利を授与しています。

【インターネット】

キヤノン ホームページ canon.jp
キヤノン 社会貢献活動ホームページ canon.jp/scsa

■ 「写真新世紀」とは

「写真新世紀」は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的として、キヤノンが1991年にスタートした文化支援プロジェクトです。2012年度の審査員である大森克己氏、佐内正史氏、ヒロミックス氏など、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出し、新人写真家の登竜門として認知されています。2012年度は総勢1,325名(組)の応募があり、厳正な審査のもと、グランプリ受賞者1名、優秀賞受賞者4名、佳作受賞者20名が選出されました。現在までの応募者総数は20,325名(組)にのぼっています。

<「写真新世紀 仙台展 2013」の主な特徴>

1.2012年度のグランプリ・優秀賞受賞作品、2011年度のグランプリ受賞者の新作を展示

名称

「写真新世紀 仙台展 2013」

日時

2013年5月24日(金)~6月12日(水) 10:00~19:00(会期中無休)※最終日は17:00まで

主催

キヤノン株式会社

入場料 

無料

会場

せんだいメディアテーク 6階 ギャラリー6a
〒980-0821 宮城県仙台市青葉区春日町2-1   TEL:022-713-3171

交通

【電車の場合(地下鉄)】
仙台駅から泉中央行きで約3分、勾当台公園駅下車。「公園2」出口から徒歩6分
【バスの場合】
仙台市営バス 仙台駅前29番(荘内銀行前)のりばから「定禅寺通市役所前経由
交通局大学病院」行き(系統番号J410)で約10分。メディアテーク前下車

■ 2012年度(第35回公募) 優秀賞受賞作品  ※五十音順・敬称略

受賞作品 受賞作品
柿田真吾
『forever acid』
(大森克己 選)
吉楽洋平
『BIRDS』
(佐内正史 選)
受賞作品 受賞作品
長谷波ロビン
『THE JAPANESE BEACH -SUMA-』
(椹木野衣 選)
浜中悠樹
『樹々万葉(きぎのよろずは)』
(ヒロミックス 選)

■ 2011年度(第34回公募)グランプリ受賞者 新作個展  ※敬称略

『電!光!石!火!』

赤鹿麻耶
『電!光!石!火!』

制作意図 : 

眩しい瞬間を日々収集中!
瞬間は点、もっともっと集めて
いつかその点を繋ぎ合わせてみたい。





2.震災後の東北を見つめてきた「写真新世紀」歴代受賞者3名による特別展

※五十音順・敬称略

作品

『トウホクの、ソラリーマン』
青山裕企
(2007年(第30回)優秀賞)

作品

『The Last Shapes Of Never』
滝口浩史
(2004年(第27回)準グランプリ)

作品

『青い空の日に』
西郡友典
(2001年(第23回)優秀賞)

3.青山裕企氏によるワークショップの開催

名称

「跳ばずにいられないっ!ホップ!ステップ!ジャンプ!」

日時

2013年6月1日(土) 10:00~17:00

会場

せんだいメディアテーク6階 ギャラリー6a

参加費 

無料

参加人数

先着20名

内容

青山氏が撮影する「空跳ぶサラリーマン(ソラリーマン)」の世界を、キヤノンのデジタル一眼レフカメラEOS Kiss X6iを用いて体験。撮影した写真はインクジェットプリンターを使用し、その場で印刷します。その後、青山氏による合評会を開催。

申し込み

写真新世紀事務局 03-5482-3904

※ 事務局運営日 平日10:00-17:00(土・日・祝休み)
    2013年5月1日(水)より受付開始。定員になり次第受付終了。

4.出展者と来場者の交流を図るトークショー「アーティスト・トーク」を実施

日時

2013年6月8日(土) 15:00~17:00

会場

せんだいメディアテーク6階 ギャラリー6a

出演予定者

原田要介(2012年(第35回)グランプリ)
赤鹿麻耶(2011年(第34回)グランプリ)
青山裕企(2007年(第30回)優秀賞)
滝口浩史(2004年(第27回)準グランプリ)
西郡友典(2001年(第23回)優秀賞)        ※受賞年順・敬称略

参加費 

無料

参加人数

制限なし

<ご参考>

キヤノンは、被災地支援の一環として以下のような活動も行っております。

■ 「若冲が来てくれました―プライスコレクション 江戸絵画の美と生命―」への特別協賛:

開催日程・場所

2013年3月 1日(金)~5月 6日(月・振休)

仙台市博物館

2013年5月18日(土)~7月15日(月・祝)

岩手県立美術館

2013年7月27日(土)~9月23日(月・祝)

福島県立美術館

公式ホームページ

http://jakuchu.exhn.jp/

■ 被災地での「ジュニアフォトグラファーズ」の開催:
     2013年に開催する写真教室の参加校・団体を募集しています。(詳細: canon.jp/scsa)