ニュースリリース
2012年6月11日
キヤノン株式会社

新生産会社キヤノンインダストリアデマナウスを設立
ブラジル国内におけるデジタルカメラの生産体制を構築


キヤノンは、ブラジル国内でのデジタルカメラの生産体制を構築することを目的に、ブラジル連邦共和国・アマゾナス州にCanon Indústria de Manaus Ltda.(キヤノンインダストリアデマナウス)を設立しました。

昨今のデジタルカメラ市場は、新興国を中心に堅調な伸びを示しています。 特にブラジルは市場規模が大きく、今後もさらなる需要拡大が見込まれることから、戦略的な商品供給が急務となっています。

こうした状況を踏まえ、キヤノンでは、新たに、Canon Indústria de Manaus Ltda.をブラジル連邦共和国・アマゾナス州に設立しました。

■ 新会社の概要

 1. 会社名

 Canon Indústria de Manaus Ltda.

 2. 所在地  

 ブラジル連邦共和国・アマゾナス州・マナウス市 

 3. 代表者

 代表取締役社長 菱沼 正信

 4. 事業内容 

 デジタルカメラの製造 

 5. 従業員数 

 約 60人(2013年末時点予定) 

 6. 資本金 

 2.1億円(1R$= 39.5円として計算) 

 7. 出資比率 

 キヤノン株式会社 99.99%、菱沼社長 0.01%

 8. 設立年月 

 2012年5月

 9. 延床面積  

 約 1,800m2 

 10. 総投資額 

 約 1.1億円

 11. 操業開始 

 2013年7月予定

【参考】
現在ブラジルには下記の拠点があります。

Canon do Brasil Indústria e Comércio Ltda.
* 1974年11月に設立した事務機、デジタルカメラの販売拠点。