ニュースリリース
2012年4月13日
キヤノン株式会社

キヤノンが開発中の業務用30型4K動画ディスプレイ
「NAB Show 2012」に参考出展


キヤノンは、開発中の30型4K動画ディスプレイの試作品を、4月16日から19日までアメリカのラスベガスで開催される世界最大級の映像・放送機器・デジタルメディアの展示会「NAB Show 2012」に参考出展します。


開発中の30型4K動画ディスプレイ
(外観サンプル)

デジタルシネマの急速な進展に伴い、ハリウッドなどに代表される最先端の映像制作現場においては、4Kの高画質・高精細な映像を忠実に再現することが可能な業務用ディスプレイが求められています。

キヤノンは、4K映像の出力機器として、忠実な色再現性・高解像度・高コントラストを実現する業務用30型4K動画ディスプレイを開発しており、アメリカ・ラスベガスで開催される、世界最大級の映像・放送機器・デジタルメディアの展示会「NAB Show 2012」(4月16日~19日)において、試作品を参考出展する予定です。

今回展示する試作品は、映画などの映像編集作業に適しており、独自の高画質技術と信頼性で、映像制作プロダクションのニーズに対応します。 なお、詳細な仕様や価格は未定で、2012年年内の製品化を目指しています。