ニュースリリース
2011年2月7日
キヤノン株式会社

新開発の超望遠ズームレンズを「CP+」に参考出展
"EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×"


キヤノンは、一眼レフカメラEOSシリーズ用の交換レンズとして開発中の超望遠ズームレンズ"EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×"の外観サンプルを、2月9日から12日までパシフィコ横浜で開催されるカメラと写真の総合展示会「CP+(シーピープラス)」に参考出展します。

EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×
(外観サンプル)

"EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×"は、1.4倍の内蔵エクステンダーと高性能な手ブレ補正機構を搭載した、キヤノンの光学技術の粋を集めた高級レンズ「L(Luxury)」シリーズの超望遠ズームレンズとして開発しています。

"EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×"は、内蔵エクステンダーにより、ワイド側200mmからテレ側560mmまでのズーム域をカバーし、主にスポーツやネイチャー分野の撮影での高い利便性の実現を目指しています。また、蛍石などの特殊光学材料を採用することで、高い解像力とコントラストを両立した高画質と、過酷な撮影環境に耐えうる防塵・防滴性能の実現を図ります。

キヤノンは今後も、光学技術に磨きをかけ、魅力的なレンズづくりに挑戦し続けることで、初心者からハイアマチュア、プロにいたるまで幅広いユーザーの多様なニーズに対応し、一眼レフカメラの撮影領域の拡大に貢献していきます。

本製品の仕様の詳細は未定です。  

【インターネット】

キヤノン ホームページ canon.jp
EFレンズホームページ canon.jp/ef