ニュースリリース
2010年3月16日
キヤノン株式会社

キヤノンが新トップレベルドメイン名「.canon」の取得活動を開始


キヤノンはこのたび、generic Top Level Domain(以下「gTLD」)の新登録制度に基づき、トップレベルドメイン名「.canon」を取得するための活動を開始します。


キヤノンが取得を目指すドメイン名

■gTLDの新登録制度とは 

従来gTLD は、インターネットのアドレスシステムを維持、管理する非営利団体ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers、アイキャン)によって、文字列の社会的価値や利用目的、運用にあたる組織などが厳格に審査されてきました。 しかし、2008年6月のICANN の国際会議において、新制度としてgTLD導入のルールの緩和および自由化を進める承認がなされ、その後、適正な登録手続きに関する議論を経て、新gTLDの登録申請が早ければ2010年内にも開始される見通しとなりました。 新制度の下では、企業名やブランド名、地名やサービスの種類等を表す文字列が、gTLDとして利用できるようになると期待されています。

■キヤノンの取り組み 

キヤノンは、グローバルに事業活動を展開しており、ユーザーや消費者などのステークホルダーに対して、世界中の国や地域にインターネットを通じて情報やサービスの提供を行っています。 そのため、gTLDとしてブランド「Canon」が直接利用できれば、「canon.com」など既存のドメイン名に比べ、より直感的に理解・記憶され、グローバルに統一して利用可能なコミュニケーション手段になると考え、新制度の導入開始とともに「.canon」の取得に必要な手続きを開始することを正式に決定しました。 2011年後半以後に予想される新gTLDの正式な認可後、キヤノンはこの新ドメイン名を有効に活用することで、インターネットを通じたコミュニケーションを、より便利で効果的なものに発展させていきます。

≪トップレベルドメイン(Top Level Domain、TLD)およびgTLDとは≫
トップレベルドメイン(Top Level Domain、TLD)は、インターネットのウェブサイトや電子メール等で利用される「.」(ピリオド)で区切られたアドレスの一番右側に置かれる文字列で、階層構造を持つドメイン名の「起点」となるものです。 大別すると、「.com」などの用途・分野別ドメイン(generic Top Level Domain 、gTLD)と、「.jp」などの国・地域別ドメイン(country code Top Level Domain、ccTLD)の2種類があります。