ニュースリリース
2005年8月24日
キヤノン株式会社

キヤノンの普及型デジタル一眼レフカメラが欧州の権威あるフォト・アワードを受賞

このほど、キヤノンの普及型デジタル一眼レフカメラ“EOS 350D DIGITAL” (国内名称:EOS Kiss Digital N)が「EISAヨーロピアン・カメラ・オブ・ザ・イヤー 2005-2006」を受賞しました。

EISA(European Imaging and Sound Association)とは、欧州18カ国以上の主要なフォト、ビデオ、オーディオ、ホームシアター、モバイル機器の専門誌約50誌が加入している業界団体です。 今回キヤノンが受賞したのは、同団体に加盟する各専門誌の編集長やテクニカルエディターが審査員となり、部門ごとに決定される賞で、過去1年間に欧州各国で発売された各製品群の中から、その年を代表する製品に対して贈られます。

今回受賞した“EOS 350D DIGITAL”は、画質・レスポンス・機能を高次元で融合したことが大いに評価されました。具体的には、小型・軽量ボディに、高精細な画像記録が可能な約800万画素の大型単板CMOSセンサーを搭載したことや、高性能映像エンジン「DIGIC II」により、低消費電力で超高速な画像処理を実現していることが挙げられています。 さらに、約0.2秒の高速起動や、シャッターチャンスを逃さない約100msのレリーズタイムラグといった高レスポンス性能を発揮していることも高い評価を獲得しました。このほか、人間工学に基づく使いやすいボディデザイン、上位機種と同等の多彩なマニュアル機能など、初心者からハイアマチュアまで幅広く使用できることも受賞理由の1つになっています。

なお、同製品は、欧州において今回の賞とならび権威のある「TIPAベスト・ヨーロピアン・フォト・アンド・イメージング・アワード2005 *1 」の「TIPAベストエントリーレベルデジタル一眼レフカメラ2005」も受賞しており、今回の受賞と合わせてその優秀さが高く認められたといえます。

※ 欧州の主要カメラ・ビデオ専門誌31誌の編集者からなる団体のTIPA(Technical Image Press Association)により、
  過去1年間に欧州各国で発売された各製品群の中から、その年を代表する最優秀製品に贈られる賞です。

EOS 350D DIGITAL
EOS 350D DIGITAL
(国内名称:EOS Kiss Digital N)