ニュースリリース
2005年10月4日
キヤノン株式会社

アネルバ株式会社の連結子会社化と社名変更について

キヤノンは、去る9月30日に、日本電気株式会社からアネルバ株式会社の全株式を取得いたしました。

これにより、アネルバ株式会社は同日付でキヤノンの連結子会社になるとともに、10月1日付で社名をキヤノンアネルバ株式会社(以下「キヤノンアネルバ」)に変更いたしました。

キヤノンは、次の10年を見据えて「グローバル優良企業グループ構想」を更に進化させ、健全なる成長を果たすためには、次世代に向けた事業の創出と新しい次元のコストダウンが必要であると考えています。

キヤノンアネルバは、高度な真空技術をベースとした薄膜形成技術を保有しており、キヤノンの新規事業である“SED”*などの製品の差別化に欠かせない製造装置の内製化に大きく貢献すると考えています。

* Surface-conduction Electron-emitter Display(表面伝導型電子放出素子ディスプレイ)の略称。  

【 キヤノンアネルバ株式会社の概要 】

1. 名称 キヤノンアネルバ株式会社
2. 本社所在地 東京都府中市四谷5-8-1
3. 代表者 代表取締役社長 今村有孝
4. 事業内容 半導体、FPD(フラット・パネル・ディスプレイ)、磁気ヘッド・ハードディスクなど 電子部品の製造用真空装置の開発・製造・販売および保守サービス
5. 従業員 1,025人(2005年3月31日現在)
6. 資本金 18億円(2005年3月31日現在)
7. 設立年月日 1950年10月4日