選手紹介 - Skaters -

エレーナ・ラジオノワ※2016/12/5更新

プロフィール

パーソナルベスト

今季のプログラム

スポーツライター 野口美恵's EYE

ISU グランプリファイナル 2016

忍耐強さ。それが今のエレーナ・ラジオノワを支えているもののすべてと言えるでしょう。

ラジオノワは、ジュニアに上がった13歳のシーズンから飛ぶ鳥を落とす勢いで結果を残してきました。2013年世界ジュニア選手権で優勝すると、2013−2014シーズンはシニアの試合に出場し、GPファイナルも4位。しかし年齢が足りずにソチ五輪には出場できませんでした。トリノ五輪に出場できなかった浅田真央と同様に、「ソチ五輪に出ていれば金メダル確実だった」と評されるほどの、シニアデビューの勢いでした。

ところが2014−2015シーズンには、身長が150㎝前半から160㎝に、そして2015−2016シーズンには163㎝へと成長。2年で計15㎝近くの体型変化があり、ジャンプのスランプに陥ります。これまでは小柄な身体を活かして、ほとんど力を使わずに正確無比なジャンプを跳んでいたラジオノワですが、シニアの女子と同様に、筋力とタイミングを活かしたジャンプへと、跳び方を修正していったのです。

「毎日の練習で、身体の変化と戦っています。新しい身体には、だんだん慣れてきました」と、ここ2シーズンは語っていました。

ただし、スランプだからといってジャンプがボロボロになったり、演技がおろそかになったりしないのが、彼女の素晴らしいところ。

「身長が伸びたことは、ネガディブなことではなくポジティブなこと。今後この身体で、より大人の女性らしいスケートをするための準備なんです」と話し、より大人びた表現力を追求するなど、新たな強みへと繋げようとしています。

そのポジティブな姿勢は、試合での本番に力となって現れ、ジャンプの跳び方は変わりましたが、ミスを連鎖することはありません。3年前ほど正確無比ではないにしても、1プログラムでのミスを1つか2つに抑えることで、表彰台に乗り続けています。GPファイナルは2014年銀、2015年銅と2年連続でのメダリスト。今季もロシア杯2位、中国杯優勝と堅実に力を発揮し、ファイナルまでコマを進めてきました。

そろそろ身長の伸びも止まり、ラジオノワが持つ潜在能力が爆発するタイミングも近いかもしれません。新生ラジオノワが見せる、新たなジャンプと表現の世界が待ち焦がれます。

他の選手を見る

もっと見る(選手一覧へ)