選手紹介 - Skaters -

浅田 真央※2016/3/24更新

プロフィール

パーソナルベスト

今季のプログラム

スポーツライター 野口美恵's EYE

ISU グランプリファイナル 2015

おかえりなさい、待ってました。それ以外に言葉が見つからない、浅田真央の復帰のシーズンです。1年間の休養を経て、浅田本人も「スケート以外の世界でいろいろ経験したことを、表現に繋げたい」と話しており、さらに幅広い演技をしてくれることが期待されます。

浅田の得意技といえば、もちろんトリプルアクセル。しかも1年の休養を経て、肩の力が抜けたことが好影響。なんと2014年ソチ五輪のシーズンよりも、飛距離がある質の高いジャンプになりました。浅田選手も「ソチのときより質が良くなっている。安定感もあります」といいます。

トリプルアクセルに安定感が出るほど、他の課題にしていたジャンプへの集中力も高まります。「3回転フリップ+3回転ループ」や3回転ルッツなど、ソチ五輪シーズンには回避していたジャンプにまで、今季は挑戦。25歳での復帰戦といっても、むしろ2シーズン前よりもレベルの高い内容で、さらなる進化を目指します。

ショートはジャズのスタンダードナンバー『素敵なあなた』。「貴方は素敵なんだよ、と男性に話しかけるようなイメージで表現したい」と浅田。肩越しに振り返ったり、腰をひねったりと、セクシーな動きも取り入れて、真骨頂を目指します。

フリーはプッチーニのオペラ『蝶々夫人』。休養していた時期に、京都で舞妓さんの踊りを生で見たという浅田。以前から滑りたかった『蝶々夫人』を思い出し、「日本の美しさをフィギュアスケートで伝えたい」と、今季の曲に選びました。

トリプルアクセルが冒頭にありますが、その挑戦が良い意味で目立たないほどに、たくさんの魅力が詰まったプログラムです。細やかなスケート技術や、緩急の表現が切れ間無く訪れ、観る者を飽きさせません。ステップシークエンスでは、オペラの熱唱に合わせて情熱の溢れるイーグルを決めるなど、曲の盛り上げ方もベテランの域です。

GPシリーズ初戦となった中国杯ではトリプルアクセルを成功させ、技術的な復調をアピール。堂々の優勝を果たしました。NHK杯では惜しくもミスしたものの、トータルで滑る力を見せての3位。GPファイナル進出を決めました。

「復帰してから順調に来すぎていたので、今の自分の実力が分かりました。終わったことは悩んでも仕方ないです。自分が戻ってきたいと思って復帰した舞台。すべてを見直して、前を向いて頑張るだけです」と力強く語っています。

ISU 世界フィギュアスケート選手権 2016

1年の休養を経て、25歳今季を迎えた浅田真央。15歳でシニアデビューした2005−2006シーズンから、もう11年も世界のトップスケーターとして戦い続けてきました。フィギュアスケートの歴史に名を刻み、その一挙手一頭足が、観る者の記憶に刻まれるスケーターになりました。

2010年バンクーバー五輪で銀メダル、2014年ソチ五輪では6位とメダルを逃し、1年休養。日本国民が心から復帰を待ち焦がれるなか、「スケート以外の世界でいろいろ経験したことを、表現に繋げたい」と、現役続行を決意しました。

そんな今季に選んだプログラムは、ショートがジャズのスタンダードナンバー『素敵なあなた』。「貴方は素敵なんだよ、と男性に話しかけるようなイメージで表現したい」と浅田。肩越しに振り返ったり、腰をひねったりと、セクシーな動きも取り入れて、真骨頂を目指します。

フリーはプッチーニのオペラ『蝶々夫人』です。休養していた時期に、京都で舞妓さんの踊りを生で見たとのこと。以前から滑りたかった『蝶々夫人』を思い出し、「日本の美しさをフィギュアスケートで伝えたい」と、今季の曲に選びました。

特にフリーは、細やかなスケート技術や、緩急の表現が切れ間なく訪れ、観る者を飽きさせないプログラムです。ステップシークエンスでは、オペラの熱唱に合わせて情熱の溢れるイーグルを決めるなど、ベテランの滑りを見せています。

もちろん25歳となった今季も、トリプルアクセルは健在。しかも1年の休養を経て、肩の力が抜けたことが好影響し、ソチ五輪のシーズンよりも飛距離があるジャンプになりました。浅田選手も「ソチのときより質が良くなっている。安定感もあります」と言い、中国杯ではダイナミックな飛躍を見せました。

トリプルアクセルに安定感が出るほど、他の課題にしていたジャンプへの集中力も高まります。「3回転フリップ+3回転ループ」や3回転ルッツなど、ソチ五輪シーズンには回避していたジャンプも、今季は挑戦。2シーズン前よりもレベルの高い内容で、さらなる進化を目指しています。

初戦の中国杯は勢いで乗り切りましたが、NHK杯、GPファイナルと、「気持ちがひけてしまった」と言い、ジャンプで苦労する場面も見られました。しかしここで持ち直すのがベテランの真骨頂。12月の全日本選手権では最小のミスに留めて、演技をまとめます。3位の表彰台に乗り、一歩一歩しっかりと復活のロードを進んでいます。

「今回の全日本選手権のフリーでは、冒頭にミスがありましたが、その他は自分の滑りが最後までできました。満足はしていないですけれど、今できる事を出せたのかなと思います。気持ちがひけないよう、こういう気持ちの持って行き方でいけば体がスムーズに動くかなという感じを掴めたので、次に繋がる経験になったと思います」

全日本選手権後にそう語った浅田。9回目の出場となる世界選手権に向けて、気持ちを高めています。

他の選手を見る

もっと見る(選手一覧へ)