インタビュー

インタビュー - ケビン・レイノルズ

大阪で開催された四大陸選手権では、フリーで4回転ジャンプ3本を成功させ大逆転の優勝を飾ったケビン・レイノルズ(カナダ)。22歳で開花した天才ジャンパーは、自国開催の世界選手権に向けて意欲を燃やしている。
カナダ国内選手権では4回転5本成功
thumb

——四大陸選手権のフリーは素晴らしい演技でした。4回転3本を成功させての逆転優勝の気持ちは?

信じられない結果です。ショートが6位で、頑張ればメダルに手が届くかなと思った程度だったので、ノーミスだとしてもまさか優勝とは思いませんでした。ショートでは4回転ジャンプが2本とも回転不足に判定されていたので、朝の練習で徹底的に4回転を修正したのが良かったです。元々は、髙橋大輔選手、羽生結弦選手が優勝争いで、僕は銅メダル争いをする気持ちの大会だったので、本当に驚きの結果です。

——カナダの国内選手権では、ショート、フリーで合計5本の4回転を成功させましたね。

そうなんです。あの日は本当に幸せでした。カナダ選手権からずっと調子を維持していたので、四大陸選手権も4回転を5本とも成功させる自信はあったんですが、結果的には3本成功。でも十分な内容です。

——日本での試合はもう4度目でしたね?日本好きだと伺ってますが。

そうです。2008年のNHK杯で1回来て、今シーズンは2度も日本に来ることができました。日本人は本当に心から選手を歓迎して拍手してくれるので、素晴らしい国ですよ。日本語のレッスンも取っていて、まだエントリーレベルですが簡単な会話も出来るので、日本に来るのは毎回楽しみです。日本語の発音の雰囲気がすごく好きなんです。日本食も好きですよ。テリヤキ、スキヤキ、タコヤキが好きです。

To The Page Top