インタビュー - Interviews -

ブライアン・オーサーコーチ
インタビュー

ユヅルとハビエルの“ナイスボーイズ”
刺激し合って届いた、奇跡の300点

文・野口美恵(スポーツライター)

門下生のハビエル・フェルナンデスと羽生結弦が、世界選手権・GPファイナルで2年連続“ワンツーフィニッシュ”という、飛ぶ鳥を落とす勢いのブライアン・オーサーコーチ。しかも世界で300点超えを果たした選手はこの2人だけという世界最強タッグを見せている。“チームブライアン”の強さについて語った。

心のコントロールが難しかったユヅル ハビエルは米国観客を味方につけた
写真

おめでとうございます。門下生がワンツーフィニッシュ! 予想していた結果でしょうか?

そうですね。ハビエルとユヅルの2人の練習を見ていれば、もはや他の選手とは全くレベルの違うステージで競い合っているので、予想はつきました。ただ、ユヅルはフリーでもっと良い滑りをすると思っていたので、そこは予想外でしたね。かなり落ち込んでいました。

羽生選手、ショートは素晴らしい演技でした。

ショートの演技は、ユヅルの今季の成長を“本物なんだ”と証明する演技でした。でもあのショートの後、誰もがユヅルが優勝して当然だと思いましたし、それが却って、モチベーション、重圧、期待などをコントロールすることが難しい状況に、彼を追い込んでしまったのだと思います。

フリーではミスがありましたが、思い当たる原因はありますか?

ユヅルは今回、試合会場入りした時からずっと、些細なことに敏感になっていました。それは、330点超えのパーフェクト演技という、とても繊細で高度なものを目指す以上、仕方がないピリピリ感だったと思います。普通にノーミスするだけでは越えられない壁なので、小さなことにも気を配り続けていた。ユヅルにとって、何が起きても緊張しやすい状況でした。

コーチとしてはどんな声がけをしたのでしょう?

とにかく「慌てないで、落ち着いて、深呼吸して」というのを繰り返しました。そして「すべてのエネルギーを、外ではなく、自分に向けるんだ」と。周囲から期待されているという意識があると、周りの反応や行動も気になるものです。とにかく自分だけを信じるように言いました。

一方、フェルナンデス選手はフリーが素晴らしい演技で、ケガをしていたとは思えませんでした。

ハビエルは2か月近く前から脚をずっと痛めていて、やはりケアが必要でした。ボストンに来てからも1日おきに練習し、ショートとフリーの間も休ませました。実はここ2か月は、土日のオフを挟んだ月曜日が、痛みもひいて一番調子が良かった。だからハビエルが本番会場で練習不足を不安に思っている様子だったので、「大丈夫。フリーの日は月曜日だと思いなさい。一番調子が良いよね」と言ったんです。とにかくパニックにならずに演技する事が、何より大事でした。

フリーは観客も盛り上がりました。

このフリーは、米国の伝説的スターであるフランク・シナトラの『Guys and Dolls(野郎どもと女たち)』。もう、ボストンといえば、これしかないでしょう? だってボストンの観客は、このイントロを聴いただけでワクワクして手拍子を始めちゃう。ハビエルがジャンプを跳ぶ前からもう名演技がスタートするわけです。パズルは既に準備されていて、ハビエルは1つ1つピースをはめるだけ。ハビエルはこの“観客のパズル”という魔法にかかって、すべてのジャンプを成功させたんです。

300点の源は4回転の本数ではない 術の質での加点、そして演技を磨く
写真

門下生2人とも、300点超えを果たしました。この得点をどう評価しますか?

300点超えは奇跡的な出来事です。昨季まではフィギュアスケート界の誰もが不可能だと思っていたラインを、2人は優に超えました。でもそれは、300点という数字を超えようとして超えたわけではないんです。なぜなら、スケートの関係者誰もが痛感していることですが、この300点という数字は、今の採点での限界値であり、パーフェクトな演技をしても超えられるかどうか分からない、というラインだからです。ジャンプがノーミスで、すべての技の質が良く、演技も素晴らしかったとしても、ジャッジが300点超えを出すかどうかは予想ができないんです。

300点超えを果たした2人にとっても予想はできないのでしょうか?

ユヅルとハビエルの2人に限っては、すでに世界選手権前に300点を超えていましたから、世界選手権でパーフェクトの演技をすれば超えるという予想はつきます。しかし他の選手は、パーフェクト演技でも300点超えるかどうか予想できません。フィギュアスケートって、芸術に繋がる作法を大切にする競技なので、この演技は評価する、という流儀があるんです。2人の演技はフィギュアスケートの流儀に合っていると既に評価されたわけですが、他の選手はまだわからないというのが現実なんです。

流儀に合った2人。ではその300点超えの得点源は?

多くの人が、4回転ジャンプやトリプルアクセルが得点源だと思っています。しかし300点超えのための秘訣は違います。どれだけGOE(出来映え)を稼ぐかです。フリーでは全部で13の技術要素がありますが、全部で「+3」をとってごらんなさい。いったい何十点もらえるのか! 今回のハビエルは、4回転サルコウもコレオステップも、ずら~っと「+3」が並んでいる。ユヅルはスピンやトリプルアクセルでいつも「+3」をたくさん貰う。フリーのGOEの加点を見ると、世界選手権のハビエルは約25点、GPファイナルのユヅルは約26点をプラスされている。これが答えです。

確かに。4回転を複数本入れる選手は他にもいますが、300点は超えていません。

そうなんです。そしてGOEが高い、つまり質の高い演技をしているということは、演技構成点(PCS)にも連動してきます。一点の曇りもない高品質な演技が、芸術性も高いというのは、おのずとわかることでしょう? 今回のハビエルに対して10点満点を出したジャッジもいましたね。ユヅルもとてもPCSが高かった。これが勝利の方程式です。

つまりGOEとPCSが決め手ということですね。

その通り。これはキム・ヨナがバンクーバー五輪で優勝した時と同じ作戦です。覚えているでしょう? スピンもジャンプも質が高いものを行ってGOEで得点を稼ぐ。特に女子の場合は、一流選手はジャンプの種類が横並び状態ですから、重要な作戦です。パーフェクトにこなすことで、PCSも上がり、記録的な点数が生まれたのです。

となると、もう4回転を増やす必要はないのでしょうか?

今のところ必要ないですね。ユヅルは4回転ループを練習しているし、練習のモチベーションのためにもやりたいと言うかもしれない。でも試合で入れるには、質の高いものを高確率で決めることが必要になる。ユヅルの場合は、次の新しいプログラムでパーフェクトな演技をすればさらに評価は上がるし、その方がスケーターとしては価値のある選択だと思います。

2015年のビッグスターと、2016年のヒーロー 2人を生んだトロントの練習環境
写真

今季を振り返っていかがでしょう?

今季は2つの違うシーズンだったと考えています。ユヅルは2015年GPシリーズでのビッグスター。そしてハビエルは2016年欧州選手権・世界選手権でのヒーローです。GPファイナルでのユヅルは素晴らしく、そこで刺激を受けたハビエルが次に活躍しました。今回ユヅルはとても落ち込んで悔しかった分、来季はピークが後半にくるよう意識する戦略もあります。

フェルナンデス選手は連覇を果たしましたが、昨季の優勝後にプレッシャーなどはなかったのでしょうか?

昨季の、上海での世界選手権で優勝してから、もちろん彼の人生は良い意味で変わりました。春に世界王者としてたくさんのアイスショーに出て、その責任と喜びを実感してから練習に戻ってきたのですが、そしたらもう照準は、今季のボストンの世界選手権に集中していました。とにかく連覇することだけを、今季の目標に置いていました。

羽生選手とフェルナンデス選手。世界のトップ2は、お互いにジェラシーなどないのでしょうか?

ユヅルは五輪王者、ハビエルは世界選手権連覇。どちらもスーパースターです。この2人の凄いところは、相手を引きずり下ろそうという意識が全くなく、お互いをリスペクトし合いながら、さらに上を目指そうと思っていることです。本当に“ナイスボーイズ”なんです。2人は一緒にいると、もっとハードに、もっと内容の濃い練習をしようと考える。これは本当のトップ選手が成長する、最高のパターンです。だから300点を超えたのは、2人が一緒にいた結果です。双方の存在があるからこそ、お互いがライバル心や重圧や刺激を受けて、1人ではできないほどの高みへと自然に到達したのです。

2人が刺激し合う素晴らしい環境。しかも今回の世界選手権には、オーサーコーチの門下生がかなり多く出場していましたね。

僕のチームからは、男子4人、女子4人、アイスダンスで、計10人が出場しました。素晴らしいことです。もちろん僕一人の功績ではなく、チームブライアンというコミュニティの勝利です。トロントの『クリケットクラブ』のリンク内が、スケートを愛する人たちが集結した小さな街のような環境なんです。練習中はもちろん助け合い、刺激し合い、ラウンジではお互いが「ハロー」って声を掛け合い、ランチしたり、休憩したり、ユヅルやハビエルもそこにいて、まるで我が家のように過ごしている。こういう「自分はここにいる」と思える組織があることって、すごく大事なんです。

来季は五輪を意識した曲選びを 継続できる曲と、冒険する曲
写真

今季、ライバルの選手達の演技はどう映りましたか?

やはりパトリックの進化は目が離せないものがありました。世界選手権では力を発揮できませんでしたが、四大陸選手権での演技は本当に素晴らしかった。類い稀なる極上のスケート能力を持っていることに間違いはありません。うちの2人のボーイズのライバルとして、さらに成長したと感じました。 そして金博洋。彼は合計6つの4回転を跳べる。スーパー天才としか言い様がない。本当に4回転を自然に跳ぶ、驚くべき技術力です。もっと伸びてくるでしょうね。

そんなライバルが成長するなか、2年後の五輪に向けた戦略は?

とにかく2年はあっという間です。まず、曲選びの戦略が大事です。来季の曲はそのまま五輪で継続して使う可能性もあるので、五輪シーズン同様に慎重に選ばなければなりません。
デイビッドも僕も既に曲探しを始めていて、どの選手にどんなピースを当てはめるかを考えています。ハビエルは今回、彼にぴったりのプログラムでしたが、あえて違う方向性も必要かなって思っています。ヨナが同じでしたよね。五輪の2年前にヨハンシュトラウスの『こうもり』を滑りましたが、古典的なクラシックは合わなくて失敗でした。そこから方向性を改めることで、最後は『007』のボンドガールに行き着くことができたんです。だから来季は、最後の回り道ができるシーズンでもある。五輪に継続できる曲を探す一方で、最後の冒険もできるわけです。

2人に最高のプログラムが見つかることを祈ります。

ありがとう。2人とも既に新しいプログラムが楽しみのようです。チームブライアンは、来季も新たな飛躍を迎えたいと思います。

2016年4月、世界選手権にて取材

インタビュー一覧へ
PAGE TOP