大会情報 - Information -

スポーツライター野口美恵のプレスルーム 大会のみどころ

ロシアと日本が激突する女子
男子はジュニアも4回転時代に

文・野口美恵(スポーツライター)

ジュニアにとって最高峰の試合である世界ジュニア選手権が、3月15日〜19日、台北で行われる。シニアでの活躍に向けた登竜門とも言われる世界ジュニアは、かつては浅田真央、高橋大輔、羽生結弦らが優勝し、翌年からのシニアデビューへの足がかりにしてきた。今回は、平昌五輪のプレシーズンということもあり、五輪出場を狙う選手にとっては、重要なタイトル争奪戦となりそうだ。

勢いある全日本ジュニア女王の坂本
連覇を目指す本田、白岩も調子は上向き

女子は、ここ数年続く「日本とロシアによる表彰台独占」が続きそうだ。

まず日本からは、本田真凜、坂本花織、白岩優奈の3人がエントリー。本田は昨季の世界ジュニア女王で、連覇を目指す。今季は身長が8㎝以上も伸び、昨季に比べて滑りもダイナミックになった本田。全日本ジュニア選手権3位、そして全日本選手権では4位とお姉さん方を押しのけて表彰台に迫った。「今年は背が伸びたので、体力づくり、身体づくりをしています。ノービス、ジュニアの選手達を引っ張る存在になっていきたい」と言い、来季のシニアデビューに向けて準備は万全だ。今季のジュニアGPファイナルは、進出していたもののインフルエンザで欠場しており、その悔しさもぶつけたい。

また坂本は今季の全日本ジュニア女王。スピード感ある滑りと、大きなジャンプが魅力の16歳だ。14歳だった2014年全日本ジュニアで銀メダルを獲得したものの、昨季の同大会は5位。今季はジュニアを継続し「ジュニアの日本一」を目指すと、全日本ジュニアでは飛距離のある「3回転フリップ+3回転トウループ」を武器に、目標だった初優勝を遂げた。 「去年の悔しさがあったから、ここまでできた。フリーでは1つミスがあっても後に引きずらなくなった」と坂本。ジュニアGPファイナルでも3位に入り、世界ジュニアの表彰台に向けて勢いを増している。

また白岩は、昨季の世界ジュニア4位となった15歳。昨季のシーズン終了後に骨折し、オフはリハビリからのスタートとなった。しかし回転軸が細く安定している「3回転ルッツ+3回転トウループ」を武器に、全日本ジュニアは2年連続の2位に。全日本選手権はショートで手袋がスケート靴にひっかかるハプニングがあり17位と出遅れながらも、フリー3位で、総合6位まで巻き返す底力を見せた。「フリーでは全部出し切ることができた」と涙も見せ、世界ジュニア出場を勝ち取った白岩。シーズン後半にむけて調子は上向きだ。

ジュニア史上最高の200点超えのザギトワ 
ツルスカヤはケガからの復帰がカギ

対するロシア勢は、ポリーナ・ツルスカヤ、アリーナ・ザギトワ、スタニスラワ・コンスタンティノワの3人がエントリーした。

ザギトワは今季のジュニアGPファイナルで、ジュニアの選手としては史上初の200点超えとなる、207.43点で優勝。スケート界の注目の的となっている14歳だ。ショート、フリーともすべてのジャンプを、得点が1.1倍になる演技後半に入れるという「攻め」のプログラムが特徴。来季は五輪の出場年齢に達することもあり、五輪メダルへの足がかりとして今季の世界ジュニア女王を狙ってくる。

ツルスカヤは昨季のジュニアGPファイナル女王で、世界ジュニア2016でも優勝候補だったが、試合直前にケガをして棄権。3か月のリハビリを経て復帰した今季は、ジュニアGPシリーズで194.02点の高得点をマークし、ジュニアGPファイナル進出を決めていた。ところが再び右膝のケガで欠場し、12月に手術を受け、今大会を目指してきた。ダイナミックなジャンプと大人びた表現力を持ち合わせる脅威の存在なだけに、ケガの回復が待たれている。ザギトワとツルスカヤは、現世界女王のエフゲニア・メドベデワと同門で、普段の練習からハイレベルな戦いを繰り広げている選手でもある。

コンスタンティノワは、ロシアジュニア選手権で2位となり世界ジュニア出場をつかんだ16歳。身長163㎝で手足が長く、身体全体を使った表現力がある。今季は自己ベストの186.97点をマークしており、力を発揮できれば優勝も視野に入るだろう。

女子は日本とロシアの6人が他国の選手を圧する勢いで、表彰台争いを繰り広げることは間違いないだろう。

男子は、友野と島田の好演技に期待
ロシアと韓国が優勝争い

男子は、ロシア、アメリカ、韓国の3カ国による表彰台争いとなりそう。そこに日本の友野一希と島田高志郎がどこまで迫るかが注目となる。

友野は、昨季の世界ジュニアに補欠出場し、ショート、フリーともに自己ベストを更新して15位に。そこから自信をつけると、練習への姿勢も変化した。オフには4回転サルコウを身につけ、全日本ジュニア選手権では、唯一200点超えとなる207.85点をマークしての初優勝。今大会では、4回転サルコウのクリーンな初成功を目指す。

また島田は、2013年全日本ノービスで優勝して以来、毎年注目されている15歳。コミカルなナンバーから、情熱的なオペラまで滑りこなす、エンターテイナーだ。今季は身長が20㎝近く伸びたことでジャンプに苦労してはいるものの、西日本選手権では4回転サルコウ、トリプルアクセルに挑戦。全日本ジュニアは3回転ルッツまでに抑えて演技をまとめ、銀メダルを獲得した。世界ジュニアでも、演技力を武器に日本男子の存在感を示してくれることだろう。

ロシアからは、アレクサンドル・サマリン、ドミトリー・アリエフ、アレクサンドル・ペトロフの3人が登場する。

サマリンはジュニアGPファイナルで、236.52点をマークしての銀メダル。昨季の世界ジュニアは4位と、惜しくも表彰台を逃しており、今季は満を持してのメダルを狙う。4回転トウループをフリーでは2本準備しており、これが決まるかどうかが優勝への別れ道になりそうだ。

一方のアリエフは、4回転トウループは1本だが、基礎のスケーティングのうまさと表現力が光る。特にフリーの『仮面の男』は力強い演技が魅力的で、高い評価が期待できる。ジュニアGPファイナルではサマリンとの接戦を制した。またペトロフはトリプルアクセルを武器に、確実に点数を稼げる。着実な演技をすれば表彰台に絡んできそうだ。

またロシア勢に対抗するのは、韓国のチェ・ジュンファン。羽生結弦と同門でトロントを拠点に練習する15歳。平昌五輪では開催国の選手として大きな期待を背負う若者だ。4回転サルコウを身につけている上に、情熱的な表現力には定評がある。ジュニアGPファイナルではミスがありながら銅メダルを獲得しており、今大会では優勝候補の一角だ。

このロシアと韓国の争いに参入しそうなのは米国勢。アレクセイ・クラスノジョンは今季、4回転ループに挑戦中。ジャンプ力を武器に、ジュニアGPファイナルに進出、全米ジュニアでは王者となった。またヴィンセント・ゾウは、4回転サルコウを持つ。全米選手権はシニアに出場し、フリーで2本の4回転サルコウを降ると263.03点をマークして銀メダルに輝いた。ジャンプが決まれば、ノーブルな表現力の評価も高く、表彰台に乗ってきそうだ。

男子は、激化するシニア勢の4回転時代をうけて、ジュニアでも4回転を求められる時代に突入した。どの種類の4回転を何本入れるかは、世界ジュニアでの表彰台争いを決めるだけでなく、シニアで通用するかどうかの重要なステップとなるだろう。

男女ともに平昌五輪のプレシーズンとあって、来季を見据えた若者達の意欲的な戦いに期待したい。