大会情報 - Information -

スポーツライター野口美恵のプレスルーム 大会のみどころ

男子は羽生を中心に、多彩な戦略合戦
パーフェクト演技が前提となる熾烈な女子

文・野口美恵(スポーツライター)

平昌五輪まであと1年となる2017年2月。4年に一度の栄光にむけた前哨戦ともいえる四大陸選手権が、2月16日~19日、五輪のフィギュアスケート会場となる江陵アイスアリーナで開催される。五輪運営のためのテスト大会に位置づけられる同大会は、例年の四大陸選手権とは異なり、まさに「五輪をプレ体感」する時間。選手にとっては、今大会の成績だけでなく、五輪の本番会場で何をつかむかが重要な大会となる。

12,000人収容、巨大な江陵アイスアリーナ
初のフィギュアスケート国際大会開催へ

まず同大会で気になるのは、五輪の本番会場で開かれる、初のフィギュアスケートの国際大会であることだ。都市や会場の地理関係、施設の設備など、重要な情報が手に入る一戦となる。

江陵は、韓国の東海岸の都市。平昌五輪の中心会場となる平昌は山間部のスキーリゾート地であるため、フィギュアスケートやスピードスケート、アイスホッケーなどの氷競技は、平昌から車で30分~1時間ほどの江陵市に会場が置かれている。選手村は未完成のため、今大会では選手達は別のホテルに宿泊することになる。

フィギュアスケートとショートトラックの会場となる「江陵アイスアリーナ」は、2016年12月に完成。ショートトラックのワールドカップや、フィギュアスケートの韓国選手権などの会場として、テスト大会を重ねている。収容人数は12,000人で、ソチ五輪の会場だったアイスバーグと同規模。ただしアイスバーグがすり鉢状だったのに対して、江陵アイスアリーナは客席がなだらかで平面的。観客に囲まれる圧迫感は少ないものの、会場の空間の大きさに慣れる必要があるだろう。まずは選手達が、どんな距離感と角度で、観客やジャッジにアピールするのかを初めて確認することになる。

今季も300点超えの羽生が優勝候補筆頭
ライバル陣は、4回転の本数か、総合力か

男子は、欧州選手権よりも四大陸選手権に、五輪のメダル候補が集中しているため、五輪の前哨戦といえる激戦が予想される。

優勝候補の筆頭は、今季のNHK杯で、自身3度目の300点超えを果たした羽生結弦。今季は、世界で唯一の4回転ループを加えたことで、フリーで「4回転、3種類4本」という超人的な挑戦をしている。完璧な演技をすれば、自身が持つ330.43点の記録を更新することは間違いない。まさに自分の限界との真剣勝負といったところだ。

ライバル陣営は、この羽生に対してどんな戦略で挑むか、が重要になってくる。まず4回転ジャンプの種類や本数で挑もうとするのは、金博洋(中国)とネイサン・チェン(米国)の若手2人、そして宇野昌磨だ。

金は昨季、「ショートで2本、フリーで4本」の4回転を成功させ、世界最多本数を記録した。今季は、滑りの基礎や演技面を磨き直すことで、演技構成点も少しずつ改善されている。

またチェンは、今季からシニアに上がったばかりの17歳。今季はフリーで「4回転を4種類5本」という前人未踏の挑戦をしており、すでに1月の全米選手権ではパーフェクトを達成。同レベルの滑りを四大陸選手権でもできれば、フリーでの200点超えは確実だろう。

宇野は、4回転トウループに加え、世界初成功者となった4回転フリップが武器。さらに4回転ループも練習では成功しており、「4回転2種類では世界とは戦えない」と、今季後半からはループに挑戦する可能性を宣言。さらなる飛躍を目指している。

一方、4回転ジャンプは羽生よりも少ないものの、総合力で迫るのが、パトリック・チャン(カナダ)だ。チャンは今季、新たに取り入れた4回転サルコウを、今大会でも成功させたいところ。もともと滑りの質の高さやエッジワークに定評があるため、ジャンプがまとまれば、演技構成点(PCS)で得点を稼げる。

このほか、ジャンプの質に定評がある閻涵(中国)や、4回転サルコウを武器にする田中刑事、個性的な演技が光るジェイソン・ブラウン(米国)らが、多彩な演技でメダルを狙う。男子は全選手を通じて、4回転の成功の可否だけでなく、演技面も含めた非常に高レベルな試合展開が予想される。

樋口、三原、本郷での表彰台独占も
ジャンプの可否で順位は大変動に

女子は、強豪のロシア選手がいないため、日本、カナダ、米国の3カ国のトップ選手による大混戦が予想される。優勝候補筆頭だった宮原知子は疲労骨折のため棄権となったが、それでもなお日本女子3人は強豪揃い。カナダ女王のケイトリン・オズモンドの総合力や、17歳にして初の全米女王となったカレン・チェンの秘めたる爆発力も、試合展開を変動させそうだ。

日本の樋口新葉と三原舞依は、2人ともシニアデビューのシーズンながら、GPシリーズでは表彰台に乗る快挙を見せている。スピード感とジャンプ力が武器の樋口に対して、三原は総合力のバランスがあり、2人共にデビューシーズンらしい思い切りの良さが強みになっている。また補欠出場となった本郷理華は、今季前半戦は不調だったが、フリー曲を昨季の『リバーダンス』に戻したことで復調の兆しが見えている。日本女子による表彰台独占も夢ではない。

オズモンドは長年苦しんだケガを克服し、今季は力強い滑りを取り戻している。GPファイナルでは212.45点と高得点をマークしており、今季だけで30点以上も自己ベストを更新した成長曲線のままくれば、シーズン後半は世界の表彰台も夢ではない。

チェンは今季、回転不足の多かったジャンプが見直されたことで、一気に演技全体の迫力が増した。全米女王の自信を胸に、今までに無い存在感ある演技を見せるだろう。

そのほか、アメリカ杯で銀メダルを獲得したマライア・ベル(米国)や、昨季の四大陸選手権2位の長洲未来(米国)、ジャンプにパワーのあるガブリエル・デールマン(カナダ)、独特の世界観に人気があるエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)らがメダルを狙う。試合当日のジャンプの出来次第で、1位から10位までの順位がまったく予想できない、激しいバトルになりそうだ。

男女とも試合の展開に加え、この四大陸選手権を経て1年後の五輪にどう繋げるかが重要。演技そのものだけでなく、試合後のコメントにも注目したい大会となる。

今大会の注目選手はこちら