女性の活躍

女性の活躍

VIVID とは

「Diversity(多様性)」を推進する、全社横断プロジェクトです。人種・性別・年齢・習慣・価値観などのさまざまな違いを個性として受け入れ、その違いを生かして組織の成長につなげます。

個性はあなたの強み

VIVIDでは、みなさんの持つ多様な価値観、個性を生かして組織の成長につなげるために、ダイバーシティ推進を重要な経営戦略のひとつとして、全社の推進役として活動しています。周囲との違いから生まれる個性は、あなたの強みです。

来たれ女性エンジニア

今、開発現場には、より多くの女性人材が求められています。主に理系出身のキヤノンの女性エンジニアたちは、女性の視点、価値観を生かすことで、世の中にない技術を創造するという夢を抱いて挑戦を続けています。キヤノンというフィールドで、キヤノンでしかできないことに挑戦してください。

女性人材の育成を加速

女性の活躍推進はVIVIDの最優先テーマ。VIVIDでは女性人材の育成を加速しています。選抜型研修や出産後のキャリアの築き方について考えるセミナーなど、それぞれのタイミングに合わせて成長する機会を提供しています。女性リーダーの成長を支援するメンターたちは、女性社員の応援団です。

助け合う職場風土

出産後ほぼ100%活用される育児休業制度。男性が育児休業を取るケースも増えてきました。介護を担う社員もいます。制度を活用してワーク・ライフ・バランスを実現。助け合う職場風土があります。

さまざまなフィールドで活躍する女性社員紹介

キヤノンでは多くの女性社員が活躍しています。彼女たちがなぜキヤノンを選んだのか、どういったキャリアを歩んでいるのか、キヤノンで働く女性の今をご紹介します。

出産育児に関する制度

育児短時間制度

子どもが小学校3年生を修了するまで、1日の所定労働時間を2時間を上限に短縮することができます。

育児休業制度

子どもが3歳になるまでの一定期間、会社を休業することができます。

勤務時間帯の変更制度

子どもが小学校3年生を修了するまで、育児を容易にするために、1日の所定労働時間を短縮せず、勤務時間帯を一定の範囲で変更することができます。

マタニティー休業制度

妊娠が判明した場合に、母性を保護するために産前休暇取得前に雇用を継続したまま、会社を一定期間休業することができます。

マタニティー短時間制度

妊娠が判明した場合に、母性を保護するために1日の所定労働時間を短縮することができます。

不妊治療費補助制度

不妊治療にかかった治療費50%を、社員一人100万円まで会社が補助します。

このページのトップへ