求める人物像

求める人物像

進取の気性にあふれ、
未知のものにチャレンジする気概に満ちた人
そんな人たちと一緒に、
キヤノンの未来を切り拓いていきたいと思っています!

キヤノンは、1937年に、志に燃える仲間が集まった町工場から始まりました。「自分たちの手で世界一のカメラをつくりたい」そんな大きな夢と熱き情熱を持った社員たちが、カメラ専業メーカーから、独自の技術で次々に新規事業を立上げ、会社を発展させてきました。いまやキヤノンは、世界初となる製品を数多く世に送り出し、世界中に多くのお客さまと従業員を持つ企業へと成長しました。

今日のキヤノンがあるのは、社内に「進取の気性」というDNAが息づいているから。「前例にとらわれず、常に新しい価値を求めていく」創業当時からのDNAが、グローバル企業になった今でも脈々と受け継がれ、社員一人ひとりが、キヤノンの未来に向けて、日々挑戦しつづけています。

現在、ビジネスを取り巻く環境は刻々と変化しています。もしかしたら、明日には想像もしないことが起こるかもしれない。いわば、現在のビジネスは地図のない航海のようなものです。

どんな状況下でも、どんなことにでも、チャレンジする気概を持ち、それに向けて行動できる。そんな人たちと一緒に、キヤノンの未来を切り拓いていきたいと思っています!

求める人物像

進取の気性にあふれ、未知のものにチャレンジする気概に満ちた人

①高い目標を持ち、達成に向けて行動できる人
②自分の軸を持ちつつ、チームの力を最大限に引き出せる人
③好奇心を持ち、何事も積極的に吸収できる人

キヤノン:企業理念のページへ別ウインドウで開く
このページのトップへ