トップメッセージ

キヤノン株式会社 代表取締役会長 CEO 御手洗冨士夫キヤノン株式会社 代表取締役会長 CEO 御手洗冨士夫

世界一の製品をつくり、世界の文化の向上に貢献する

「世界一の製品づくり」は1937年に高級カメラメーカーとしてスタートしたキヤノンの創業者たちの夢でした。以来70数年、技術に対するひたむきな姿勢を大切に、数々の世界一・世界初の技術と製品を世に送り出してきました。

世界三極体制の推進

キヤノンは、既存の技術領域に新規の技術領域を付加・融合することにより多彩な製品開発と事業展開を成し遂げ、大きく発展してきました。今日では「世界三極体制」の推進により、日米欧で積極的な研究開発投資を行い、さらなる飛躍をめざしています。

世界各地で親しまれ尊敬される企業に

この理想の実現に向かって、全世界のキヤノングループで働く約20万人は、長期経営計画「グローバル優良企業グループ構想」のもと、研究開発、生産、マーケティングをはじめ、いろいろな部門におけるさまざまな仕事を通じて、日々努力を重ねています。

前例を踏襲するな、前例は自分で創るもの

私はこの言葉を以って、新しいことに挑戦する人たちを激励しています。ビジネスに身を置く者の醍醐味は「創造」です。グローバリゼーションがダイナミックに進展する現代社会にあって、キヤノンに働く人たちのフィールドはますます広がっています。

変化は進歩、変身は前進

時代の変化に先駆けて会社を変身させていく。それは事業の多角化、市場の多角化を不断に成し遂げてきた70数年に及ぶキヤノンの歴史そのものです。進取の気性にあふれ、未知のものにチャレンジする気概に満ちた若者に、キヤノンは門戸を開いています。

人を育て、自分も成長していく

人を育てるすばらしい企業文化が、キヤノンには根付いています。自由闊達な気風、一人ひとりのキヤノンブランドへの誇り。会社の成長と自らの成長を重ね合わせて実感できる職場。私たちは、意欲あふれる若者の登場を心待ちにしています。

このページのトップへ