技術系社員紹介

山下 貴史
機械系 製品開発・製品設計
山下 貴史 ヤマシタ タカシ
生産技術本部
2006年入社

シミュレーション技術の開発 射出成形工程の現象を解明・予測する

生産技術の射出成形技術開発を行う部門で、プラスチック部品の高精度化・コストダウンを図るため、射出成形工程の現象を解明・予測するシミュレーション技術の開発を行っています。射出成形は加熱・溶融したプラスチックを金型内に注入し、冷却・固化させてプラスチック部品を得る加工方法です。これをシミュレーションで予測するためには、「プラスチックが流れる・冷える・固まる」という複雑な現象をシミュレーション上で再現させる必要があります。現象が再現するよう、成形実験の結果と比較・検証しながら開発を進めています。

新しい事に挑戦できる社風に魅かれて

幼いころからものを作ることが好きであったため、ものづくりに関わる仕事に就きたいと考えていました。数あるメーカーの中からキヤノンを選んだ理由は、技術的に優れている会社であり、その中で仕事をすることで技術者としての自らの成長が望めると考えたためです。また、会社説明会で新しいことに挑戦する社風があることを知ったことも理由の一つです。挑戦することで成長していくという考えに共感し、魅力を感じました。

最先端の技術開発に関わっていることを実感

難しい技術課題への挑戦にやりがいを感じています。射出成形は古くからある生産技術ですが、複雑な現象を含む工程であり、現在でも予測できないことが多々あります。現象に影響していると考えられる要因を洗い出し、実験とシミュレーションにより影響の大きさを確認し、影響の大きな要因をモデル化することを行っています。影響の大きな要因を発見し、それをモデル化することで、従来予測できなかったことを予測可能にしたときは、達成感とともに最先端の技術開発に関わっていることを実感できます。

技術の創造に貢献することでキヤノンの生産技術力を高めていく

ここ数年、シミュレーションで予測できる生産工程上の現象を少しずつ増やしていっており、シミュレーションの適用対象をまだまだ広げていけると思っています。シミュレーション活用の幅を広げ、シミュレーション活用により導きだされたアイデアをより多くの生産工程の開発に盛り込めるようにすることが目標です。開発したシミュレーション技術を活用し、他社の技術と差別化できる技術の創造に貢献することでキヤノンの生産技術力を高めていくことができればと考えています。

一つひとつ地道に、粘り強く

キヤノンでは最先端の技術開発を行うことができます。独自技術の開発に挑戦したいという方はキヤノンを志望されてみてはいかがでしょうか。シミュレーション技術に限らず、開発に携わる技術者には、原理・原則に基づいて思考すること、そして一つひとつ地道に、粘り強く確認していくことが必要だと考えています。自らの仮説を信じて確認を積み重ねた結果、成果に結び付いた時の達成感は大きいです。技術開発の醍醐味を是非一緒に味わいましょう。

とある一日のスケジュール

1日の流れ
このページのトップへ