技術系社員紹介

木村 政夫
電気・電子系 システム設計技術
木村 政夫 キムラ マサオ
イメージコミュニケーション事業本部
2004年入社

新しい技術にチャレンジしたい、という思いから

私は入社してからは、学生時代に取り組んでいた内容とは異なる新しいことに挑戦したいと考えていました。学生時代の恩師から常に世界を意識させられ続けたことも影響し、やるなら最先端の技術に携わりたいとも考えていました。そこでカメラの心臓部である映像エンジン、イメージセンサー、レンズなど、競争力の源泉となるキーデバイスを自社開発する高い技術力を持つキヤノンであればおもしろい仕事ができそうだと感じ、入社を決めました。入社当時は製品開発に携わることができる部署を希望していました。製品開発であれば、常に新製品に搭載される最新の技術に触れることができ、新しい技術にチャレンジしていきたいという希望が叶いそうだと考えたためです。実際に配属されたのは、コンパクトデジタルカメラの電気設計を行う部署でした。コンパクトデジタルカメラは開発周期が短く、常に進化を続けており、自分の希望にあった部署だと感じています。いまだに勉強すべきことも多いですが、それだけ新しい発見に出会える機会があり、日々の成長を実感できる職場だと感じています。

技術者としてのやりがいを感じる仕事

私の主な業務内容は大きく分けて、デジタルカメラなどの製品プロジェクト業務と、今後の製品搭載を目的とした要素開発の2つです。製品プロジェクトにおいては、担当製品の設計仕様・回路図面作成、回路評価から製品の量産立ち上げのフォローまでを、本体メカやファームの設計者、工場担当者と協力しながら行っています。要素開発については、将来の技術動向を調査しながら、次の機種の仕様にマッチした新規デバイスの開発・評価を行っています。デジタルカメラはシステム部やイメージセンサーなどの複数の回路ブロックで構成されているため、電気設計は幅広い技術分野の知識が要求されます。電気の知識だけでなく、カメラ本体のメカ構造やファームの知識も重要です。本体の構造次第では、電子デバイス同士がノイズなどの影響で誤動作をおこしてしまう場合がありますし、ほとんどの電子デバイスはファームウエアなくしては動作しません。このように電気設計者は、今後より広く深い知識が要求されることになりますが、やりたいことを実現する熱意があれば技術の幅を広げることができ、技術者として非常にやりがいのある仕事だと思います。

感動を与えられる製品を開発したい

将来はユーザーに新たな感動を与えられるような製品の開発に携わりたいと考えています。私もこれまでに新しい電気製品を購入した際に、これはすごいなと感じる製品に出会う機会があり、そのような製品の開発を行いたいと思うようになりました。それらの製品は基本的には既存技術の組み合せで作られています。そのため、まずは新しい技術分野にチャレンジしつつ、デジタルカメラ全体の設計ノウハウを身につけることを当面の目標としています。そのような取り組みを通して、これまでにない新しい製品を開発するための土台を築いていきたいと考えています。熱意があればやりたいことが実現できる環境が、キヤノンにはあると思います。みなさんも、私たちと一緒に新しいものづくりに挑戦しましょう。

このページのトップへ