技術系社員紹介

川瀬 哲
機械系 製品開発・製品設計
川瀬 哲 カワセ サトシ
イメージコミュニケーション事業本部
2004年入社

デジタル一眼レフカメラの基板設計

入社以来、デジタル一眼レフカメラの基板設計を行っています。入社2年目のときにエントリーモデルであるEOS Kiss X2の設計チームに加わり、その後ハイアマチュアモデルのEOS 7Dの基板設計も経験してきました。現在は、再びエントリーモデルの基板設計を担当しています。基板設計とは具体的に言うと、電気設計グループが設計した電気回路を、ハード基板やフレキシブル基板といった部品にモデル化し、カメラの本体構成に盛り込んでいくことです。具体的な業務としては、3D-CADや電気CADでの設計から、できあがった試作機での品質や機能の確認、工場で十分な品質の製品として組立てられるかといった検証からサポートまでを行っています。このように業務の幅が広いので、材料や加工などの一般知識から、新製品に要求される機能を達成するための先端技術に関わる知識まで、広く深い知識が要求されます。

自分の関わった製品が世に出る醍醐味

製品の設計は、市場競争の激化もあり、品質や日程など厳しい条件の中で進めるため、大きなプレッシャーを感じることもあります。また、製品に技術・知識を盛り込むため、アイデアを振り絞ることには常に苦労しています。しかし、それ以上に自分が設計した部品を搭載したカメラが世の中に発売されるという醍醐味を味わうことができます。その製品を手にしている人を外出先などで目にすると、素直にうれしいです。特にカメラという製品は、愛着をもって使用するユーザーの方も多く、次の製品設計に向けたモチベーションの向上にもつながっていきます。自社製品の中でも、次の新製品やその次の新製品にまで、長きにわたって継続されるような、質の高い設計を実現したいと思っています。

チーム一丸となって、良い製品を作り上げる

製品の開発は、設計部門だけではなく、要素開発や企画部門、コストや調達部門などさまざまな関係部門がチーム一丸となって進めていきます。他部門のメンバーであっても「良い製品を作り上げる」という目標は同じです。それぞれの立場からの議論を通じて、より良い製品ができるよう切磋琢磨しています。お互い刺激を受けながら業務を進めているので、自身の成長にもつながっていると感じています。このように、製品開発の関わり方はさまざまですが、どの部門でもみんなやりがいをもって仕事をしています。就職活動中は多くの進路や選択肢があり、悩むこともあると思いますが、入社後、第一線で活躍する姿を想像しながら、途中であきらめずに、自分のやりたいことを突き詰めてがんばってほしいと思います。

このページのトップへ