技術系社員紹介

亀山 文恵
機械系 製品開発・製品設計
亀山 文恵 カメヤマ フミエ
インクジェット事業本部
2005年入社

多くの人と関わりながら製品を形にする

入社以来、一貫してインクジェットプリンターのエンジン開発のメカ設計に携わっており、現在はコンシューマー向け製品を担当しています。インクジェットプリンターの機構部は、いくつかのユニットから構成されており、1製品の機構部を複数の担当者で分担して設計しています。その中で、私が担当しているのは、プリントヘッドのメンテナンスユニットの設計です。メンテナンスユニットは、プリントヘッドの吐出性能を維持するために、クリーニング動作をするユニットで、インクやヘッドとも大きくかかわるため、他の開発部門とも連携して仕事を進めています。周囲には優秀な先輩や関連部門の人がたくさんいますので、日々、そうした人から刺激を受けています。

「世の中にないものを作り出す」ことにやりがいを感じる

製品開発においては、低コストでかつ高性能な製品を開発することが重要です。そのためには、事象を正確にとらえ、コントロールできるようにする必要があります。私が現在担当している製品はまさにその最前線です。部品の基本性能試験やコスト検討、ユニットの基本性能検討、耐久試験、他ユニットとの整合性など、コツコツと積み上げてきた設計をすり合わせて、初めて製品の中の1ユニットが完成します。思うような結果が出なかったり、検討が立て込んで手が回らず、辛い思いをすることもありますが、「世の中に無いものを作りだす」ことにやりがいを感じています。

技術者魂をもった社員に惹かれて、キヤノンを志望

就職活動では「ものづくりがしたい」という理由で、メーカーの開発職を志望していました。そのようなときに、キヤノンの採用ホームページ内に掲載された開発者エピソードを見ました。そこでは、デジタルカメラのメカ設計部隊が、難題の機構設計をやり遂げたエピソードが書かれていました。そこで私が感じたのは「絶対に売れるいい製品を生み出すためには、どんなに難しい技術課題も克服する」という強い信念、技術者魂でした。そして実際に採用セミナーでキヤノンの技術者に会ってみると、自分がイメージしていたような、信念を内に秘めた人ばかりでした。

自ら発信する力、アピールする力を大切に

現在の目標は、要素設計から携わっている製品を順調に立ち上げることです。店頭に並ぶ日を心待ちにしながら、日々、設計と検討を進めています。スピードと正確さが要求される場面が続きますが、チームのメンバーと協力することで乗り越えていきたいと思います。将来の夢は製品を支える「光る技術」をもった設計者になることです。技術力をさらに磨いて、キヤノンだから作れる製品、キヤノンにしか作れない製品を開発していきたいと思います。また、女性で技術者を志している方に伝えたいと思います。キヤノンでは、自ら発信する力、アピールする力があれば、性別や年齢に関わりなく、責任ある仕事を任されます。何にチャレンジしたいかを考えて提案できる社員になって、ともにより良い製品を作っていきましょう。

このページのトップへ