技術系社員紹介

林 瑠梨
情報系 システムソフトウエア開発
林 瑠梨 ハヤシ ルリ
映像事務機事業本部
2009年入社

複合機のソフトウエア開発

私の部門では複合機を制御するソフトウエアの開発を行っています。 今の複合機は、従来のコピー機に比べて数多くの機能が搭載されているため、PCのようにソフトウエアで制御や管理をすることが必要なのです。 その中でも私は、表示言語などの操作パネル表示設定や、ネットワーク接続設定など、数千項目ある複合機の設定値を一元管理するソフトウエア開発に携わっています。

ものづくりに魅力を感じて

周りはIT系のSE職として就職する人が多かったのですが、私はものづくりに携わりたい思いがあり、メーカーへの就職を希望しました。キヤノンを選んだ理由は、高い技術力、世界ナンバーワンを目指す目標の高さ、若手でも活躍できること、社員を大切にする社風、実際に会った社員の方の人の良さに魅力を感じたからです。技術力の高い会社で、志の高い社員に囲まれて仕事を行うことで自分の成長にもつながると思いました。

多くの人とのつながり

自分の携わった製品や機能が世の中で使われ、その機能が役に立っているという声を聴けることが大きなやりがいです。また、人から頼りにされることも自分の中でとてもうれしいことです。4年目で機能リーダーとして表に立つようになったのですが、表に立つことで、部門を越えて人とのつながりができ、周囲から「この機能についてはこの人に聞こう」と思ってもらえるようになったときに成長したなと感じました。多くの人とつながれたことは今の仕事のやりやすさにもつながっています。

信頼される技術者として成長したい

製品に対する自分なりのビジョンを持ち、より魅力のある製品の提案・実現することができる技術者になりたいです。そのために、まずは広い視野を持てるよう、周囲の技術に興味を持ち、いろいろな技術に触れることを意識しています。製品開発は1人では進められません。周りの人の声を誠実に受け止め、信頼される技術者として成長し、周りの人を巻き込みながら魅力のある製品づくりをしていきたいです。

就活生へのメッセージ

将来自分が何をしたいのか悩むこともあると思いますが、いろいろな会社や社員と出会う中で、見たこと、聞いたこと、感じたことは、自分の将来を考える糧になると思います。どのような仕事をしたいか、どのように働きたいか、皆さん自身の目指す道が見つかることを願っています。

とある一日のスケジュール

1日の流れ
このページのトップへ