事務系新入社員紹介

田中 怜菜
経理
田中 怜菜 タナカ レイナ
映像事務機事業本部
2016年入社

現在の業務について

オフィス向け複合機を扱う事業の経理部門に所属し、主に経費の管理を担当しています。具体的な業務としては、事業部内の予算実績の集計・分析や経費関連の決裁書ならびに会計伝票の処理です。併せて、予算精度の向上や経費の削減、利益向上にも努めています。私の小さなミスが会社全体のミスにつながることもあるため、税法や会計基準、社内のルールに則り、正しく処理しなければなりません。プレッシャーは大きいですが、それだけ責任のある仕事を任されていることに誇りを感じ、日々業務にまい進しています!

キヤノンへの入社を決めた理由

私がキヤノンへの入社を決めた理由は、等身大の私を受け止めてくれる社風だと感じたからです。面接では、私自身のことに対して、じっくり話を聞いていただき、ありのままの自分を表現することができました。社員一人ひとりを理解しようとする環境であれば、自分自身ものびのびと仕事ができると考え、入社を決意しました。また、キヤノンはワーク・ライフ・バランスを重視しており、仕事とプライベートの両立ができる会社です。女性も働きやすい職場である、という点にも魅力を感じました。

これから挑戦したいことや夢

目の前の数字だけにとらわれず、各職場の考えを受容できるような経理パーソンになることです。日々の業務に追われていると、目の前の数字だけにとらわれがちです。しかし、数字だけでは、現場で何が起きているのか把握しきれません。そのため、私は各職場へ足を運び、職場の方の意見に耳を傾けることを大切にしています。今後、より多くの知識を吸収し、職場への理解を深めることで、職場から信頼されるような存在になり、会社の利益向上に貢献していきたいと考えています。

学生時代に力を入れたことで、社会人になって生かせていること

自分から物事に見切りをつけずに、学べるものは学び、入社するまでにさまざまな経験をしてほしいと思います。私は入社後経理配属となり、今まで取り組んだことのない簿記や財務諸表などの勉強を必死に行っています。業務と並行して学んでいるため、あまり時間は取れません。皆さんの中には、私と同じように社会に出て、どのような仕事に関わるかまだわからない方が多いはずです。部活やサークル、バイトなど学生時代にしか経験できないようなことも大切ですが、学びの面も充実させてほしいと思います。仕事のチャンスや可能性を広げるためにも、学生時代の時間を有効に活用して、多くのことを経験し、悔いのない生活を送ってください。

とある一日のスケジュール

1日の流れ
このページのトップへ