事務系新入社員紹介

酒井 勇輔
事業企画
酒井 勇輔 サカイ ユウスケ
光学機器事業本部
2015年入社

現在の業務について

私は半導体露光装置の新規分野であるナノインプリント装置の開発を推進する部署に所属しています。この部署では装置の企画から製造、販売、そして販売後の装置サポートまでをスムーズに推進させることがミッションで、製品戦略などの企画、プロジェクト推進、予算管理など多岐にわたる業務を担っています。その中で私はナノインプリント装置の基盤パーツの商品化を担当しています。パーツの価格設定や顧客との契約形態の検討、また適切に発注タイミングを決めるための前提条件などをまとめています。新規事業ということもあり定型的な業務が少なく、多岐に渡る業務をいかに効率よくこなすかが求められているため、日々の時間管理にはとても気を配っています。

キヤノンへの入社を決めた理由

私は就職活動のときから「私たちの見えないところで活躍している製品」というものに魅力を感じ、BtoBのビジネスを通じて日本そして世界の産業を支えるビジネスがしたいと考えていました。キヤノンといえばカメラやプリンターのイメージが強いですが、半導体露光装置やネットワークカメラといったBtoBの事業も強力に推進していることを知り、その技術力と世界に広がるマーケットフィールドであれば自分のやりたい仕事ができると考えたため入社を決めました。また、人事の方や面接官の方とお話ししていく中で、「この人たちと一緒に仕事をしたい」と心から思えたことが最終的な入社の決め手でした。

これから挑戦したいことや夢

まだ配属されて間もないため、現時点では装置の技術の勉強や自分の業務に全力で取り組み、量産化プロセスに少しでも多く貢献することが目標です。今取り扱っているナノインプリントという技術は世界の常識を打ち破る新技術として世界中から注目を集めています。この装置の量産化が進めば世界中のあらゆる電子機器の進化に寄与することができます。将来的には一人前のビジネスマンになって、ナノインプリントの技術を世界中の半導体メーカーに採用してもらい、日本そして世界の産業の発展に貢献していくのが夢です。

学生時代にやっておくべきだと思うこと

やっていて良かったことは目標に向かって仲間と一つのことに取り組んだ経験です。大学時代にトライアスロン部の活動で他の大学のライバルに勝つためにメンバーとさまざまな工夫をしてチームを強くしていった経験というのは、大学時代だからこそできた経験だと思います。また、目標を持つことで「今自分は何をすべきなのか」を常に考えて過ごす習慣をつけられた点も良かったです。やっておけばよかったことは「語学の習得」です。実際の業務では想像以上に英語を使うことが多いため、今必死に勉強に取り組んでいます。自分の仕事の幅を広げるためにも早い段階での語学習得をお勧めします。

とある一日のスケジュール

1日の流れ
このページのトップへ