事務系新入社員紹介

野原 舞里子
事業企画
野原 舞里子 ノハラ マリコ
周辺機器事業本部
2016年入社

現在の業務について

アメリカの取引先と共同で、レーザープリンターの新製品立ち上げ業務に従事する部門に所属しています。担当している製品は、カラーの中速機です。社内の開発部門と取引先とのやりとりは全て英語のため、その交信窓口として、文書の翻訳や会議での通訳をはじめ、各種調整・交渉業務を行っています。自社、取引先とエンドユーザーという三者の利益を最大限に引き出せるファシリテーターとなるべく、製品開発の背景や技術用語などを日々勉強しています。事務系でありながら、技術者の方々と共に新製品の開発に携わることができる業務にはとてもやりがいを感じ、自分の担当製品がいつか市場でお客さまの手元に届く日を今から楽しみにしています。

キヤノンへの入社を決めた理由

まず、就職活動において重視していた、「日本のものづくりを世界に届けたい」という思いをかなえることができる環境があると感じたからです。実際に現在の部門では、海外の市場に向けた製品の開発に携わっています。さらに、数ある企業の中からキヤノンを選ぶ決め手となったのは、選考の過程で話をした社員の方々が、プライベートも大切にしながら、生き生きと働いている雰囲気が印象的だったことです。入社してからもこの印象は変わっていません。穏やかでありながら、高い志を持った素敵な先輩方に囲まれて、毎日楽しく働いています。昨年は長期休暇を取得し、同期と海外旅行にも行くなど、公私ともに充実した生活を送っています!

これから挑戦したいことや夢

一つ目は、世界中で多くのユーザーに喜ばれる製品をつくることです。製品を立ち上げる過程で苦労する点があっても、その分、力を注いでより良い製品を市場に送り出すことができれば、ユーザーに満足してもらえた時の達成感も大きいと思います。もう一つは、広い視野を身に付けることです。扱う製品のほとんどが海外で販売されるため、将来的には自分の目で海外の市場を見て、その後の自身と会社の成長に繋げていきたいです。また、日常の業務において技術的な理解が必要とされることも多いので、事務系職という枠にとらわれず、技術分野の知識も積極的に吸収していきたいと思っています。

学生時代に力を入れたことで、社会人になって生かせていること

大学時代には外国語を専攻し、留学も経験しました。外国語の学習や留学を通して学んだのは、言語だけではなく、その言葉を話す人々が生まれ育った文化や社会の状況に目を向けて、相手の発言の背景を含めて理解する視点を持つことです。現在の業務では、まさにこの力が必要とされると感じています。海外の取引先と社内の開発部門の橋渡しとなるには、双方の意見の背景を理解したうえで翻訳、通訳をすることが不可欠です。製品の立ち上げに際しては、数多くの部門の方々との連携が必要なので、それぞれの立場や製品に込める思いを理解したうえで伝えられるよう心掛けています。

とある一日のスケジュール

1日の流れ
このページのトップへ