事務系社員紹介

山田 知秀
経理
山田 知秀 ヤマダ トモヒデ
経理本部
2007年入社

優れた経営戦略を立て、会社を動かしていきたい

キヤノンの経営戦略に関心を持ち、社員になって経営戦略に携わりたいと思ったことが入社を決めた理由でした。大学の経営学の講義でキヤノンが取り上げられて、特許戦略により競争優位を確立した事例や、選択と集中により事業分野を特化し高収益性を確立した事例が紹介されました。キヤノンなら、私自身のアイデアを生かし、変革していけるのではないかと感じたことが、経営戦略に関心を持ったきっかけです。

高い精度が求められる業務

現在、私は外為決済業務を担当しています。キヤノンはグローバルな事業展開をしており、海外の販売会社から売上が送金されたり、海外生産会社へ製品の代金を送金したりしています。その他にも、他社との国際的な取引に係る入出金もあります。このような海外との支払い決済が問題なく行われるように管理するのが私の仕事です。また、今後の決済がいつ行われるのか、金額はどれくらいになるのかを関係部門から提供されるデータを元に予測をしています。これは、現在、会社に資金がどれだけ在るのか、またいつ資金が不足するのかといった資金繰りの状況を管理するための業務で、精度の高いアウトプットが求められます。

企業の経営活動を資金の流れを介して理解できる

会社の資金を管理するという責任重大な業務を任されていることは、仕事のやりがいにもつながっています。企業の経営活動を資金の流れを介して理解することができ、全体像をつかむことができるということもこの業務の魅力であり、私の業務を進める上での楽しみにもなっています。当然のことながら、仕事の中には一見すると単純な確認作業やデータ入力のような仕事もあります。しかし、上司から言われた「決済業務ではたった一度の失敗で、今まで毎日チェックしてきた意味がなくなる」という教訓を胸に、ミスをなくし、リスクを最小限に抑えようという気持ちで前向きに業務に励んでいます。

キヤノンにおけるファイナンスのプロになりたい

将来は、キヤノンにおけるファイナンスのプロになりたいと考えています。グローバルに事業を展開するキヤノンが今後、海外の競合他社に対し競争優位を維持するためには、ファイナンス面からのアプローチが必要になる可能性は高いと思います。M&Aがその例です。今後、クロスボーダーでの買収を行う機会が増加するかもしれません。キヤノンの財務部は、現在はオペレーションを中心に行っていますが、今後は、買収企業の価値評価などファイナンス面から、経営戦略企画部門に加わっていくことができたらいいなと思っています。ファイナンスのニーズがますます高まっても十分に応えられるように、私自身が知識と経験を兼ね備えたスペシャリストになり、キヤノンをファイナンスに強い企業にしていきたいと思っています。

このページのトップへ