事務系社員紹介

大西 恵介
経理
大西 恵介 オオニシ ケイスケ
光学機器事業本部
2007年入社

自分の言葉を信じてくれたキヤノンで、夢を実現したい

私は大学時代に経済学を学び、モノを作って売るというのが経済の基本であると感じ、メーカーへの就職を希望していました。数あるメーカーの中で、キヤノンの一番の特長は、個人の考えを非常に尊重してくれる、という点だと思います。面接やOB・OG訪問時に、私は自分の経験やこれからやりたいことなどを大いに語りました。多少生意気だったところもあったと思いますが、私の話を真剣に聞きいれてくれて、さらには実現に向けたアドバイスもくれたのです。私は今、自分の言葉を信じてくれたキヤノンに入社し、夢の実現に向けて日々邁進しています。

キヤノンの中の一つの会社を経営している感覚

私は現在、宇都宮にある光学機器事業所の経理部門で働いています。入社からの2年間は、下丸子本社で光学機器事業本部の売上や経費の予算実績管理を担当していました。その後、もともと生産・開発拠点のあった光学機器事業所に部署ごと異動し、現在では、実務の責任者として光学機器事業本部全体の損益を管理する立場にあります。実は入社前は経理のような管理部門ではなく、製品に近い事業企画の職種を希望していました。しかし、今では、経理こそが製品の企画、開発から工場での生産、お客さまへの販売まで、すべての段階に関われる部門であると感じています。経理の仕事に限界はありません。キヤノンの中で起こるすべての動きを見ることができます。私のような若手が、キヤノンの一つの本部全体の損益管理を任されるということは決して珍しいことではありません。プレッシャーもありますが、その分やりがいのある仕事です。キヤノンの中の一つの会社を経営している、といった感覚で仕事をしています。

仕事を与えられたら、すぐに仕事の道筋をイメージする

経理として、事業活動のサポートをしていく中で、上司や先輩、ときには他部門の専門家に相談しながら仕事を進めていくことは多々あります。入社1年目、何がわからないかもわからなかった私は、上司へうまく相談することができず、半年ほどとある処理を停滞させてしまったことがありました。幸いにも大事には至りませんでしたが、私のせいで製品の出荷ができず、お客さまに迷惑をかける結果になりかねませんでした。このときの経験から、私は仕事を与えられたときに、自分にできるかどうか、相談したいこと、わからないこと、をすぐに考えてその場で質問するように気をつけています。指示されてすぐに自分の中で仕事の道筋をイメージすることで、確認や相談を何度も繰り返す必要がなくなりました。結果として、処理時間を短縮できるようになり仕事が迅速に行えるようになりました。

キヤノンを引っ張っていける人間になりたい

私は将来キヤノンを引っ張っていける人間になりたいです。私は入社からの数年間で上司や先輩と一緒に仕事をしたり、自分が中心となって行動することはできるようになったと思いますが、後輩や周囲をマネジメントしながら仕事をするという力がまだまだ不足していると考えています。リーダーとして活躍していくために、これからは人を動かす力を養っていきたいと思います。経理という仕事柄、若いうちから事業の経営トップへの報告や、会社の経営に関わる重要な仕事を扱うことも多々あります。このチャンスを生かして、経営者の考え方を吸収し、全体最適とは何かを常に考えて行動していくことで、自分の成長につなげていきたいと思います。

このページのトップへ