事務系社員紹介

中島 浩之
経理
中島 浩之 ナカジマ ヒロユキ
経理本部
2007年入社

活躍の場が多岐にわたり、成長の機会が多い会社で働きたい

就職するにあたっては、身近で目や手に触れる機会のある最終製品を扱っているメーカーで働ければ、やりがいが感じられるのではないかと思っていました。その中で、私の趣味である旅行で、思い出作りのツールとして写真撮影で使用するカメラを扱っている会社であれば、旅先で自社製品の売れ行きなどが分かり、よりやりがいを感じられると思いました。さらに、グローバル規模でビジネス展開をしているため、私自身が活躍できる場所も、成長できる機会も多いのではないかと感じました。また、会社の従業員数からみると説明会や面接を通して接した人はほんの一握りでしたが、その人たちと一緒に働けたら良いなと感じたのも決め手でした。

連結決算データ作成業務で、会社の動向を肌で感じ取れる

学生時代に会計を専攻していたので、経理配属は希望通りでした。ただ、大きな会社の経理業務は、歯車のようなルーチンワークが多く、数字やパソコンと向かい合うことが多い職場ではないかと不安に思っていました。でも実際は、物事を私自身で判断する機会が多くあります。また、同僚と綿密なコミュニケーションを取っているので、当初の想像とはかけ離れたイメージに驚きと安心を感じ、一層職場に貢献していきたいと思えるようになりました。現在の私の業務は、国内外のグループ会社が報告してくる決算情報を四半期ごとにまとめて、米国会計基準に合致した連結決算データの作成をし、そのデータを基に決算短信、アニュアルレポートや有価証券報告書などの社外向けの開示資料を作成することです。社外向けの資料は投資家をはじめとする多くの方がキヤノンの価値を判断する重要な情報です。そのため、計算ミスや誤った情報を開示したり、情報開示の遅れはキヤノンのようにグローバルにビジネスを展開している企業では、世界規模での社会的な信用の失墜に直結します。もちろん、そのような事態にならないように社内ではチェック体制を何重にも敷いています。決算期には緊張が多い業務ですが、その反面やりがいがある仕事です。経理は会社の動きを数字で客観的に表現をしていくため、業務を通して会社の動向を肌で感じ取れるのも魅力の一つだと思います。

新たに任された仕事をやり遂げるときに仕事の醍醐味を感じる

仕事の醍醐味を感じるのは、新たに任された仕事を手探りで進めるときです。それは、会計基準の変更により新たに開示する連結決算データの項目を検討したときに経験しました。上司や先輩に適宜相談しながら開示すべき情報は何か自分なりに考え、会社としての方針を固め、会計士とその方針についての調整を行いました。新たな試みであったため、他社の状況や解説書を参考にすることができず、会計基準書を正確に読み込み、理解する必要がありました。最終的にデータが公表されたときの達成感は、言葉では言い表せないものがありました。

「いろんなことが分かる経理マン」として、
グローバルに活躍したい

会計基準の変更が多いので、それにキャッチアップしていくためには日々勉強です。どんな状況や内容でも基準に則って変更内容に迅速に対応していきたいと思っています。また、現在は海外の現地グループ会社の担当者とのやりとりは主にメールで行っていますが、直接電話するなどしてコミュニケーションを図っていきたいです。まずは、その土台となる英語力を身につけようと思っています。経理のキャリアとしてはまだ本社しか知らないので、将来的には、工場での原価計算や販社会社での経験を積み、「いろんなことが分かる経理マン」になるとともに、海外赴任などを通してグローバルに活躍できる人材になりたいです。

このページのトップへ