事務系社員紹介

加瀬 晶人
法務
加瀬 晶人 カセ アキト
法務統括センター
2003年入社

学生時代に学んだことを生かし、世界を相手に仕事がしたい

大学で法学部に在籍していた私は、就職活動に際して、自分が学生時代に学んだことを実社会で生かしてみたい、それも世界を相手にする仕事がしたいと考えていました。そんな折にキヤノンの特許戦略に関する本を読み、キヤノンは多数の特許を取得し、ものづくりの土台を築いた上で世界を相手に戦っているという印象を持ちました。そして、そのキヤノンで、自分の得意分野を生かし、活躍したいと思うようになりました。就職活動中にキヤノンの法務の社員にOB訪問をする機会がありました。仕事についての話を聞く中で、自分が勉強してきたことがビジネスの場面で生かせることをイメージでき、またそのOB社員の考え方や人柄などの人間的な魅力にも魅かれ、キヤノンを志望しました。

ものづくりのダイナミズムを日々感じる

入社して最初の1年半は契約書の作成業務を担当していました。その後、法務内でコーポレート法務部門(主に株主総会運営を担当)、係争関連を担当する部門(主に国内外の訴訟対応)と順次異動し、現在は再び契約書の作成業務を担当しています。契約書の作成業務は、ビジネスに潜む法的リスクを分析した上で、会社が最大限の利益を得られるようビジネスの枠組みを整える仕事です。携わる案件は、新製品の研究開発、原材料の調達、生産装置の購入・保守など多岐にわたり、ものづくりにはいくつもの工程があること、また実に多くの人がかかわっていることを実感します。さらに海外企業との契約も多く、キヤノンが世界中をフィールドにビジネスを行っていることがよく分かります。日々キヤノンのものづくりのダイナミズムを感じられるのは、この仕事の面白さの1つだと思っています。

世間から注目される仕事ができることはやりがいにつながる

キヤノンには、キヤノンだからこそ世間から注目される仕事がたくさんあります。私は、法務担当者として自分が携わった仕事を新聞記事で目にすることがありますが、世間から注目される仕事ができるのは素直にやりがいとなりますし、環境として恵まれていると考えています。また仕事を進める上で意識しているのは、法的リスクがきちんと分析された、分かりやすく明快な契約書を作成することです。私は訴訟対応を担当した経験がありますが、訴訟対応には莫大なコストがかかります。何人もの従業員が、何年もの間通常業務の傍らで訴訟対応に時間を割かれますし、お金もかかります。訴訟実務に携わり、その苦労を経験したからこそ、文言解釈で後にトラブルになるような契約書を絶対に作らないよう、きちんとリスク分析をし、細かいワーディングにも注意を払いながら契約書を作成しています。

企業法務をトータルでこなす法務マンになりたい

法務部門のいくつかの部署を経験し、企業法務のフィールドの広さを実感しました。将来的には企業法務をトータルでこなせる法務マンになりたいと思っています。企業法務の役割上、中心となるのはやはり法律知識や法的思考ですが、企業法務をトータルでこなすにはそれ以外の知識、例えば製品・技術に関する知識や、税務会計・貿易などの知識も必要だと感じています。また妥当性のある結論を導くためには、世の中の流れや会社の置かれている状況にも絶えずアンテナを張る必要があると考えています。勉強することは山のようにありますが、仮に法務担当者が自分一人しかいないような環境に置かれてもきちんと成果を出せる法務マンになるべく、目標に向けて一歩ずつ土台を固めています。

このページのトップへ