事務系社員紹介

馬場 智子
広報・宣伝
馬場 智子 ババ サトコ
渉外本部
2008年入社

キヤノンの魅力を伝えるかけ橋として

私は初配属から渉外本部で、最初は官公庁や企業、教育機関などを対象とした渉外業務と、本社敷地内にあるショールームでのお客さまの案内業務に主に携わっていました。現在はメディアを対象とした広報業務に携わっており、製品以外の会社情報(CSRや研究開発など)の広報活動を担当しています。社内と社外のかけ橋として、キヤノンのニュースを発信し、メディアを通して世の中の人に知ってもらうこと、また、キヤノンが世の中からどのように評価されているのかなど、キヤノンに関する客観的な情報を社内へ伝えることを通じて「キヤノン」というブランドをより良くしていくのが、広報の主な役割です。情報の対外発信に際しては、ニュースリリースの作成、記者会見の設定、記者への説明訪問など、広報担当者として自分が中心になり主体的に調整、対応することが求められます。一歩、会社の外に出ると新人もベテランも関係なく自分はキヤノンの代表です。自分の言葉がキヤノンのイメージをよくも悪くもしますし、ときには株価を左右することもあります。また、メディアという第三者を通して情報発信をするので、誤解や間違いを招かないよう、さらには「面白い」「すごい」と感じてもらえるよう、情報の「正確さ」や「伝え方」に、とても気を使います。また、メディアの動きはとても早く、少しでもタイミングがずれると、紹介してもらうチャンスを逃しますので、そのスピード感についていけるよう、常に緊張感をもって仕事に臨んでいます。自分が手をかけて作り上げ、発信した情報がメディアで取り上げられたときは、「これで一人でも多くの人へキヤノンの魅力を伝えることができた」と、とてもうれしく感じます。ある発表のとき、記者にニュースを紹介しようと何社ものメディアに連絡したのですが、約束を取り付けることができませんでした。しかし、やっと面会にこぎつけた記者に、自分の積み上げてきたことと、その想いを伝えることができ、最終的に大きな記事を掲載してもらえたときの達成感、満足感はいまだに忘れられません。情報発信の難しさや緊張感と、メディアで取り上げられ会社に貢献できたときの喜びと達成感、その両方が仕事のやりがいと充実感に結びついています。

入社を決めた理由は「グローバル」と「人」

キヤノンに入社を決めたポイントは二つあります。 まずは、キヤノンがグローバルカンパニーであることです。私は大学では語学を専攻しており、海外への留学も経験しました。留学を経験したことで、さまざまな人とコミュニケーションをとり、いろいろな考え方を知ることの難しさ・楽しさを知りました。そのため、海外との接点がある企業に入りたいと考えていました。もう一点は、キヤノンで働く人の印象がよかったことです。採用セミナーや面接で何度かキヤノンを訪れましたが、自分と接するすべての人の印象がとても良く、学生ながら社内にいて、とても心地よかったのを覚えています。また、一番記憶に残っているのが、二次面接の面接者が、仕事に対する自信やいきいきと働かれているのがとても伝わってくる女性だったことです。セミナーでキヤノンは女性も働きやすく、活躍できる会社だと話を聞いていましたが、それを実際に見ることができたような気がして、一気に志望度が上がりました。

自分が望む働き方ができる会社

語学を専攻していたので、何らかの形で語学が生かせる職場に配属したいと思い、対外的なやり取りを行う渉外本部を希望していました。配属部門は希望通りで、語学力が必要な仕事はありますが、それは渉外本部に限ったことではありませんでした。キヤノンにいる限り、常にグローバルに活躍する場はあり、自分の意思や働き方次第で望む働き方ができるのだと感じています。また、「広報」のイメージも配属前と配属後でまったく違いました。私が担当しているのは、一般の人がイメージしやすい「製品」に関する情報ではないので、キヤノンの活動を紹介しようとメディアにコンタクトをとっても、電話口で断られることはめずらしくありません。少しでもキヤノンを多くの人に知ってもらうには、地道な広報活動が必須です。今は、かつて自分が想像していた、単なる「キヤノンの顔」ではなく、「キヤノンの顔」でありながら「縁の下の力持ち」というイメージをもっています。とてもやりがいのある仕事だと感じていることには変わりありません。まだまだ広報担当者としては半人前ですので、もっと経験を積んで、キヤノンの魅力をより多くの人に知ってもらうためのPR方法を自ら考え、積極的に実行できるようになりたいと考えています。そして、会社のことだけではなく、世の中全体の動きに目を向け、一番効果的にキヤノンの魅力を伝えられる「内容」や「タイミング」などを見極められるような広報担当者をめざしています。結婚や出産後も、仕事を続け、自分のまわりの先輩、上司のように仕事と私生活を両立していきたいと考えています。キヤノンは、そのようなワークライフバランスがとれる会社だと思っています。

学生のみなさんへ

キヤノンは自分が望めば、チャンスが与えられる会社だと思います。自分の成長を望み、支えてくれる人と環境がそろっているキヤノンにいられる自分は、とても幸せだと思っています。少しでもキヤノンに関心があれば、自分の可能性を信じて、まずはキヤノンの門を叩いてもらいたいです。みなさまと働ける日を楽しみにしています。

このページのトップへ