キヤノン株式会社 CSR活動労働と人権

オセ社(オランダ)との人材交流や技術共有による製品開発を推進オセ社(オランダ)との人材交流や技術共有による製品開発を推進

キヤノンは、世界で働く約19万人の従業員とともに成長していくために、多様な背景や価値観をもつ従業員一人ひとりの個性を尊重し、安心して、やりがいをもって働くことができる職場環境づくりに取り組んでいます。

キヤノングループの総従業員数(2015年)

キヤノングループの総従業員数(2015年)

マネジメントアプローチ

  • 労働・人権側面における重要課題

雇用と処遇

  • 人事基本方針
  • 人材の獲得と定着
  • 公平・公正な報酬制度
  • 福利厚生の充実
  • 柔軟な働き方の提供
  • 労使関係

ダイバーシティ

  • 多様性尊重の方針
  • 女性の活躍推進
  • 人材の国際化
  • ベテラン社員の能力の活用

能力開発/自己成長の支援

  • 能力開発制度
  • 各種エキスパートの育成
  • グローバル人材の育成
  • 認定・表彰制度

労働安全衛生と健康管理

  • 労働安全衛生
  • 健康管理

人権の尊重

  • 不当な差別の防止
  • ハラスメントの防止
  • 児童労働、強制・義務労働の防止
  • 結社の自由と団体交渉の権利

データ集

  • キヤノングループ全体の総従業員数
  • 従業員構成[キヤノン(株)]
  • 新規雇用者数・離職者数[キヤノン(株)]
  • 役員構成[キヤノン(株)]
  • 従業員一人当たりの基本給と報酬総額の男女比(2015年末現在)[キヤノン(株)]
このページのトップへ