キヤノン株式会社 CSR活動紛争鉱物に対するキヤノングループの基本姿勢

キヤノングループでは、お取引先とともに、紛争鉱物の不使用に向けた取り組みを進めてまいります。

紛争鉱物に対するキヤノングループの基本姿勢

アフリカのコンゴ民主共和国およびその隣接国から産出される一部の鉱物 (タンタル、スズ、金、タングステン)は、グローバルなサプライチェーンを経由して広く流通し、当地の武装勢力の資金源になっているとして、「紛争鉱物」と呼ばれています。

紛争鉱物に関する米国法規制や国際機関であるOECDのガイドラインでは、サプライチェーン全体で、最終製品に紛争鉱物が含まれていないかを確認するための合理的な原産地調査またはデューデリジェンス(適切な調査)が要請されております。

キヤノングループでは、お客様が安心して製品をお使いいただけるよう、お取引先や業界団体と協力のうえ、製品に使用される鉱物の来歴の確認と紛争鉱物の不使用に向けた取り組みを進めてまいります。

キヤノングループ各社のお取引先につきましては、紛争鉱物に関する国際的な状況をよくご理解いただき、紛争鉱物不使用にご賛同いただくとともに、キヤノングループ各社が実施する調査や監査にご協力いただくなど、グローバルサプライチェーンの一員として、キヤノングループとともに責任ある鉱物調達に取り組むことをお願い致します。

このページのトップへ