お知らせ

2013年12月12日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

デジタルカメラ用のバッテリーの模倣品販売について


弊社デジタルカメラ用のバッテリーの模倣品をネット上で販売していた容疑により、12月4日販売者が逮捕されたことが警視庁杉並署より発表されました。

弊社ホームページ『デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ関連製品の「模倣品」に関するご注意』でかねてよりご案内差し上げているとおり、模倣品に関しましては安全性が保証されておらず、お客様に危険が及びかねません。

弊社ではこういった模倣品販売業者等に対し、随時、警告などの対処をしてまいりましたが、当事件では弊社の度重なる通告にも関わらずバッテリー模倣品の販売を止めないことから、警察の捜査・摘発に至ったものです。

当事件を契機に、模倣品の取り扱いが犯罪であるということが社会全般に強く認識されることを期待いたします。

戻る

このページのトップへ